新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットの支出に関する調査を発表

アイペット損保は犬・猫(以下、ペット)飼育者の1,018名を対象に、ペットの支出に関するアンケート調査を実施した。
【調査結果概要】
●2021年のペット関連年間支出、「10万円以上」が全体の約4割を占める
●昨年比、7割以上が「変わらない」と回答
●最も増えた支出は、「病気やケガの診療費」
●ペット関連支出の中で「一番支出額が大きい」と感じる費用、大幅に増加は「フード・おやつ」
●2022年の支出予測、「増えそう」は28.3%にとどまる
●2022年に増えそうな支出、「病気やケガの診療費」、理由は「ペットの高齢化」
●ペット飼育者の3人に1人が理想に近い年間支出額
●今後試したい支出、オンライン上でのサービスやコロナ禍における新しいニーズへ関心が高まる

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命、家業経営者の父親とその子どもに関する調査品を発表

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

損保

アイペット損保、うちの子エポスカードが新登場

生保

アクサ生命、世界16の国と地域で実施、アクサのマインドヘルス調査「心の健康」日本は最下位

生保

大同生命、「新規顧客・販路の開拓/日銀のマイナス金利政策解除」について調査を実施

生保

PGF生命、2024年の還暦人(かんれきびと)に関する調査

損保

共栄火災、自転車月間に合わせ「自転車の利用実態と安全運転に関する意識調査」を実施

生保

日本生命、「母の日」に関するアンケート調査を実施

損保

アイペット損保、設立20周年で新規申込みキャンペーン

生保

日本生命、「こどもの日」について、ニッセイインターネットアンケートを実施

関連商品