シンニチ保険WEB

三井住友海上、人工光型植物工場向け保険とリスクコンサルティングメニューの提供開始

三井住友海上とMS&ADインターリスク総研株式会社は、今般、人工光型植物工場向けの保険とコンサルティングメニューを新たに開発し、一般社団法人日本植物工場産業協会の会員向けに提供を開始した。
三井住友海上とMS&ADインターリスク総研は、天候に左右されない持続的な農業として注目を集める人工光型植物工場の普及を後押しするとともに、今後もあらゆる社会課題の解決に資する商品・サービスの開発に取り組んでいく。
1.開発の背景・狙い
異常気象の増加や労働人口の減少により、日本の食料自給率は長期的に低下傾向となっている。政府は2030年までに食料自給率を高める目標を掲げており、天候に左右されず、衛生的かつ一定の品質や量を供給できる人工光型植物工場が次世代の農業の一つとして注目されている。
そのような中、三井住友海上は日本植物工場産業協会に入会するとともに、MS&ADグループが持つ食品安全や事業継続の知見に基づき、植物工場の安定運営を支援する保険とリスクコンサルティングメニューを開発した。
2.人工光型植物工場向け保険
人工光型植物工場の生産設備や同工場に接続しているユーティリティ設備が、火災や豪雨などによって被災した際に、取引先への商品供給を継続するために代替商品を調達する等、業者が負担する追加コスト(営業継続費用)の補償を拡大する。
従来の工場向けの保険では、設備復旧までの期間の追加コストを補償していたが、人工光型植物工場は、設備の復旧後から出荷再開までに30日以上を要することがあるため、出荷再開(収益が回復する)までの期間を補償対象とする。
3.リスクコンサルティングメニュー
人工光型植物工場の運営に関わるリスクをまとめたリスクマップの案内やGAP認証の導入および運用の支援に加え、自然災害リスクの定量化や対策支援を行う。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、「Transverse社」の買収手続き開始を決定

生保

PGF生命、十六銀行で「米国ドル建終身保険(保険料円払込型)」を販売開始

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

損保

東京海上日動、糖尿病治療支援保険を開発

生保

アフラック生命、「生きる」を創るがん保険WINGSを発売

生保

ソニー生命、「変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」および「一時払変額個人年金保険(無告知型)22(無配当)」を発売

損保

損保ジャパン、「PayPayほけん」ミニアプリ「コロナお見舞い金」販売停止

損保

東京海上日動、中小企業向けハラスメント再発防止費用を補償する特約を新設

生保

東京海上日動あんしん生命、「家族信託組成サポートサービス」の提供開始

生保

ネオファースト生命、がん保険「ネオdeがんちりょう」を発売

関連商品