シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットのための防災対策に関する調査

アイペット損保は、犬・猫(以下、「ペット」)飼育者の1,015名を対象に、ペットのための防災対策に関するアンケート調査を実施した。
今年で5回目となる本調査では、「同行避難」に対する認知・理解度に加え、災害時の迷子対策として有効なペットへのマイクロチップ装着について、装着率および2020年から3年分の装着目的の変化について比較した他、本年6月より施行されるマイクロチップ装着義務化にむけて、その認知度や情報の入手経路などについても新たに調査した。
◆調査結果概要
・最寄りの避難場所ペットの受入れ体制「知らない」が7割強、受入れ態勢整備に課題も
・避難生活での心配事は「他人や他のペットとのトラブル」など、犬・猫飼育者共通
・「同行避難」の認知進まず半数近くが理解していない現状、ペット飼育者への浸透が課題か
・ペットのための防災対策をしている飼い主は19.6%、昨年に比べ微減
・6月の義務化を前に「マイクロチップ装着率」は全体で23.8%、装着理由トップは2年前より約16ポイント増加

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、「資産の把握状況に関する調査」を実施

損保協会・団体

損保協会、2021年度損害保険代理店統計

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

生保

ライフネット生命、第16回定時株主総会出席者アンケートの集計結果を開示

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、地方自治体を対象に「産後ケア事業に関する実態調査」を実施

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、利用者を対象に「短期入所型産後ケア事業アンケート」を実施

損保

三井住友海上、自然災害に関する調査を実施

損保

アクサ損保、第2回子育て世帯ドライバーの安全運転とリスク認知に関する意識調査

損保

アイペット損保、SMSを利用したオンラインでの口座振替受付サービス開始

関連商品