新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

三井住友海上、AI音声自動受付サービスによる自動車保険の解約手続き受付を開始

三井住友海上は、3月10日から、AI音声自動受付サービスによる自動車保険の解約手続きの受付を開始する。
本サービスは、お客さまからの解約の連絡に対して音声による自動応答を行い、手続きの受付を行うサービスである。これにより、24時間365日の受付が可能となる。本システムの導入には、BEDORE(が提供する自動音声対話エンジン「BEDORE Voice Conversation※」の技術を活用した。
※「BEDORE Voice Conversation」は、BEDOREが持つ深層学習と日本語固有の自然言語処理技術を組み合わせたアルゴリズムを電話による音声対話に活用したソフトウェアで、コンタクトセンターにおける問い合わせ対応の自動化・半自動化を支援する。
◆サービスの概要・導入効果
・開始時期
2022年3月10日
・対象種目
自動車保険
・対象範囲
自動車保険の解約手続き
・利用方法
お客さまデスク(0120-632-277、0120-988-777)での受付
・導入効果
時間や場所の制限なく、24時間365日受付が可能となるため、サービス品質の向上を通じたお客さまの体験価値向上が期待される。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

PGF生命、常陽銀行で「円ぴた終身US」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三菱UFJ銀行を通じ、『夢つながるねんきん2』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『夢ふくらむ終身』、『夢ふくらむ終身介護plus』を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、『指定通貨建終身保険』、『指定通貨建特別終身保険』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈円建/外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

損保

東京海上日動、Finatextバックオフィス業務のシステムにおいてスタートアップ・中小企業向け組込型保険の提供を開始

損保

日新火災、「マンション管理適正化診断サービス」の診断件数が累計20,000件突破

生保

三井住友海上プライマリー生命、信用金庫の業界制度商品に『しんきんらいふ終身MSP<しあわせ、ずっと3>』、『しんきんらいふ終身MSP<おおきな、まごころ2>』を追加

損保

三井住友海上、若手社会人の7割が感じる「挑戦」へのハードルを毎日の小さな取組で解消する「やってみるカメ?プロジェクト」始動

損保

東京海上日動、住まいの防災・減災情報の提供開始

関連商品