シンニチ保険WEB

楽天損保、楽天生命、家族登録制度を拡充

楽天損保は、2022年3月1日より家族登録制度を開始した。これにより、楽天損保と楽天生命は合わせて2名の家族を登録できるようになった。(注1)(注2)
家族登録制度は、契約者と家族が契約内容を共有することができる制度である。保険各社(注3)の業務委託先である「楽天保険の総合窓口」を通じて、同制度に登録すると、契約者が事前に指定した家族が、保険各社(注3)に対して契約内容等に関する問い合わせをすることが可能となる。
今まで、契約者でないと案内できなかった契約内容、保険料の支払状況などを、登録した家族に案内することが可能となり、仕事が忙しく問い合わせが難しいお客さま、高齢で家族と契約内容を共有したいお客さまにも安心して保険を継続できる。
楽天損保と楽天生命は、今後もお客さまにより一層満足できる商品・サービスを提供できるよう取り組んでいく。
(注1)楽天損保または楽天生命に加入している契約者1名につき登録人数2名までとなる。
(注2)楽天生命は、2021年8月28日よりこの制度を適用しており、2022年3月1日以前の登録可能人数は1名だった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

楽天損保、OneASICS会員向けランナー保険を開発

生保

生保各社(カーディフ生命、チューリッヒ生命、楽天生命)、2021年度決算を発表

生保

楽天生命、医療保険1095αの特約として入院一時金特約を販売開始

損保

楽天損保、「ドライブアシスト(個人用自動車保険)」インターネット契約の保険料支払方法に「楽天カード」による分割払い・リボ払いを導入

損保

楽天損保、「ドライブアシスト(個人用自動車保険)」における 「楽天ポイント」の進呈率を「2倍」に拡大

生保損保

楽天損保と楽天生命、ウェブによる契約内容変更の手続きで楽天ポイントの進呈を開始

損保

楽天損保、新たにペット保険の販売を開始

損保

楽天、楽天損保、ドローンを用いた建物屋根部損害調査において5Gを活用したリアルタイム鑑定の実証実験に成功

損保

楽天損保、自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」の契約件数が25万件を突破

生保

楽天生命、長野県信用組合の住宅ローン向けに団体信用生命保険の提供を開始

関連商品