シンニチ保険WEB

アニコム損保、【2021最新版】ペットにかける年間支出を調査

アニコム損保は、アニコム損保のペット保険契約者へのアンケートをもとに、2021年の1年間にペットにかけた年間支出費用を発表した。2020年に引き続きwithコロナの1年の中、人でも健康志向は高まりを見せているが、犬猫でも同様の傾向が見られている。
・犬にかける年間費用は約35万円、猫では約17万円
犬・猫それぞれについて、1年間にかかる各項目の費用を調べたところ、犬が345,572円(前年比102.1%)、猫が169,247円(前年比102.7%)と、犬猫ともに微増傾向が見られた。
・新しく購入したIoTアイテムで多いのは「見守りカメラ」
ペット関連のIoTアイテムを目にする機会も増えた。そこで、2021年に新しく購入したIoTアイテムを聞いたところ、犬猫ともに「見守りカメラ」が最も多い結果となった。また、猫では、「自動給餌器」「システムトイレ」を9%前後の飼い主が購入しているほか、「その他」に含まれるものとして「自動給水器(水飲み器)」が見られた。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ジブラルタ生命、教員の意識に関する調査2022を実施

生保

かんぽ生命、「資産の把握状況に関する調査」を実施

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年度年間レポートを公表

生保

ライフネット生命、第16回定時株主総会出席者アンケートの集計結果を開示

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、地方自治体を対象に「産後ケア事業に関する実態調査」を実施

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、利用者を対象に「短期入所型産後ケア事業アンケート」を実施

損保

三井住友海上、自然災害に関する調査を実施

損保

アニコム損保、組織改編および人事異動を発表

損保

アクサ損保、第2回子育て世帯ドライバーの安全運転とリスク認知に関する意識調査

関連商品