新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、「糖尿病性腎臓病重症化予防プログラム(実証研究)」で、AIを活用した患者への保健指導を開始

SOMPOホールディングス、金沢大学 和田 隆志理事・副学長(腎臓内科学)らの研究グループ、東芝、および東芝デジタルソリューションズは、糖尿病性腎臓病の重症化予防と、患者のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の改善に向けて、4者で開発した、重症化に関連するリスク因子を算出するAIを活用した患者への保健指導を2月から開始した。
なお、4者は、石川県金沢市の医療機関(かかりつけ医)、石川県栄養士会、および中等度腎機能障害を併発した糖尿病患者の協力のもと、開発した本AIを糖尿病患者のQOL向上に活かすための実証研究「糖尿病性腎臓病重症化予防プログラム」(以下「実証研究」)を2021年12月から開始しており、今般のAIを活用した保健指導は、本プログラムの一環として行うものである。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

損保

SOMPOホールディングス、2024年3月期決算を発表

損保

SOMPOホールディングス、株式給付信託(BBT)に追加拠出

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「介護現場におけるテクノロジーの効果的活用のための評価手法検討委員会」最終報告書を公表

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、「東京レインボープライド2024」に協賛・参加

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、4月16日から、SOMPOが創る「未来の介護」を紹介するウェブ動画を公開

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

損保

損保ジャパン、「産学官連携によるスポーツと農業を取り入れたワーケーション」に関する研究報告

損保

SOMPOホールディングス、取締役会議長に東和浩社外取締役が就任

関連商品