シンニチ保険WEB

東京海上日動、運送事業者向けオールリスク置き配保険を販売開始

東京海上日動は、12月より、運送事業者向けに、置き配専用のオールリスク保険(以下、「運送事業者向けオールリスク置き配保険」)の販売を開始する。
コロナ禍の影響や新たな生活様式の下で、ネット通販の利用拡大や非対面・非接触での受け取りとなる「置き配」のニーズが増加している。一方、置き配で宅配された荷物の盗難や破損に対して不安を感じる消費者の声は多く、不在時には再配達を選択する消費者が依然として多い傾向にある。
また、置き配の際の荷物の破損は、配送中なのか置き配中なのか等、責任の所在が不明瞭なものもあり、トラブルの際に対応が難しいという問題もあった。
運送事業者の人手不足への対応やCO2排出削減という観点から、再配達率の抑制は重要な社会課題の一つである。消費者のニーズに応えつつ、再配達に起因する社会課題の解決のため、置き配の普及・拡大が求められている。これらを踏まえ、同社は運送事業者向けに、出荷人および消費者のリスクも含めて漏れなく補償を提供できるよう、運送事業者向けオールリスク置き配保険を開発した。
◆本保険の特長
(1)オールリスクかつ全てのタイミングでの事故を補償
受取完了まで、盗難※、水濡れ、破損等オールリスクの事故を対象に、運送業者ごとに事前に設定した1荷物あたりの限度額まで実費を補償する(ただし、紛失は対象外)。また、事故が配送中なのか置き配中なのか等、どのタイミングでの事故か不明なケースについても保険の対象とする。
※ 盗難の場合は保険金の請求に盗難届の受理番号が必要となるため、警察に盗難届を提出が必要。
(2)様々な置き配場所を担保
置き配ボックスの他、玄関前、ポスト、ドアノブ、自転車かご、物置など、様々な場所への置き配に対応する。
(3)実態に見合った保険料
保険契約時に1年間の置き配見込み個数に基づいて暫定保険料を頂戴し、期末に確定置き配個数に基づいて精算する。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、中小M&A向け表明保証保険(国内M&A保険Light)の販売開始

損保

SBI損保、「東和銀行がおすすめするSBI損保の実額補償がん保険」提供開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、清水銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

生保

明治安田生命、ベストスタイル<5年ごと配当付組立総合保障保険>の新たな特約を発売

損保

SBI損保、松本信用金庫における「SBI損保のがん保険」団体保険導入に合意

損保

三井住友海上、再生可能エネルギー発電事業者・アグリゲーション事業者向け「インバランスリスク補償保険」の販売開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、七十七銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)、『働くあなたにやさしい保険2』の販売を開始

生保

PGF生命、静岡銀行で「米国ドル建養老保険(18)」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、山陰合同銀行・富山銀行を通じ、『みらいのみまもり』を販売開始

損保

東京海上日動、「地熱発電業務賠償責任保険団体制度」を創設

関連商品