シンニチ保険WEB

東京海上日動、中小企業向け「超ビジネス保険」のデジタル完結型モデル開始

東京海上日動は、2021年12月23日(木)から、中小企業向け商品「超ビジネス保険」をオンライン上で試算・申し込める新しい販売モデルを試行する。
DXの一層の推進により、代理店による付加価値の高いリアルな顧客接点と、デジタル技術の活用による快適な顧客体験のベストミックスを追求し、中小企業を守る新しい価値提供モデルを目指していく。
1.背景
中小企業は日本経済の基盤であり地域経済を支える存在である一方、大企業に比べると、新種保険など事業活動を取り巻くリスクに対する備えが十分に普及していない現状にある。
近年では、「新型コロナウイルス」や「サイバーリスク」などの新しいリスクも台頭しており、中小企業においても、これらの複雑化・多様化するリスクに備える必要性が日々高まっている。
また、コロナ禍の影響やデジタルネイティブ層の増加により、近年は保険の加入方法に関してもお客様のニーズが多様化している。
同社はこれまで、個人のお客様向けに「オンライン商談手続き」を開発・導入するなど、お客様の様々なニーズに応える販売体制を代理店とともに強化してきたが、中小企業向けの商品については、オンライン上での保険料シミュレーションや契約の申込み手続きを実施できる仕組みはなかった(※)。
これらの現状や課題の解決に向けて、今般、飲食業と情報通信業のお客様を対象に、オンライン上で保険商品を試算・申込める新しい販売モデルを試行することとした。
※個別の団体様向けに提供しているものを除く。
2.取組み・システムの概要
同社は、2021年12月23日(木)に、中小企業向け商品「超ビジネス保険」をオンライン上で試算・申込める専用サイトを試行的にリリースする。
事業活動を取り巻く各種リスクについて、数問の質問に答えるだけで保険料のシミュレーションが可能であり、お客様のニーズに応じて必要な補償を選んで加入できる。
具体的には、コロナ禍の影響が特に大きい飲食業のお客様向けに、新型コロナウイルス感染者の発生等によって休業した際の休業損失に備える補償を提供するほか、情報通信業のお客様向けに、サイバー攻撃を受けたことにより発生する原因調査費用や情報漏えいによって生じる賠償責任に備える補償等を提供する。
専用サイトでは、中小企業が備えるべきリスクについてわかりやすい補償プランの表示や操作画面を提供する。専用サイトURLからパソコンで画面に入る他、スマートフォンでQRコードを読み取ることで、ワンステップでのアクセスが可能であり、申込み手続きも24時間いつでもオンライン上で実施できるため、多忙な中小企業経営者の皆様にとっても簡便に利用・検討できる点が特徴である。
3.今後について
本試行を通じて得られた知見をもとに、顧客体験の一層の向上など新しい価値提供モデルを創造し、代理店とともに中小企業の皆様を守っていく。
また、将来的には、様々なデータを活用し、企業分野におけるデータドリブンな新商品・サービスの開発にも繋げていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、中小M&A向け表明保証保険(国内M&A保険Light)の販売開始

損保

SBI損保、「東和銀行がおすすめするSBI損保の実額補償がん保険」提供開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、清水銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

生保

明治安田生命、ベストスタイル<5年ごと配当付組立総合保障保険>の新たな特約を発売

損保

SBI損保、松本信用金庫における「SBI損保のがん保険」団体保険導入に合意

損保

三井住友海上、再生可能エネルギー発電事業者・アグリゲーション事業者向け「インバランスリスク補償保険」の販売開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、七十七銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)、『働くあなたにやさしい保険2』の販売を開始

生保

PGF生命、静岡銀行で「米国ドル建養老保険(18)」を販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、山陰合同銀行・富山銀行を通じ、『みらいのみまもり』を販売開始

損保

東京海上日動、「地熱発電業務賠償責任保険団体制度」を創設

関連商品