シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、「幸福度(Wellbeing)の変容に関する意識調査」を実施

SOMPOホールディングスは、「幸福度(Wellbeing)の変容に関する意識調査」を実施した。
1.調査の背景
新型コロナウイルスにより、あらゆることに対する価値観が変容した。例えば、今まで当たり前のように出社し、リアルなコミュニケーションを取りながら仕事をするという業務スタイルが根底から覆された。テレワーク、混雑を避けるための時差出勤、オンライン会議、リアルなコミュニケーションや、外出・旅行の自粛、巣ごもり時間の拡大等を経て、自身の仕事への向き合い方、人生における仕事の位置づけに変化が見られていると言われている。
この度、コロナ禍で日本が直面した幸福度(Wellbeing)の変容を確認するため、本調査を実施することにした。
2.調査概要
(1)調査期間:2021年11月17日~11月18日
(2)調査方法:インターネットアンケート調査
(3)調査対象:全国在住の仕事に従事している20歳以上の男女
(4)回答者数:1,055人
3.調査結果のポイント
■コロナ禍において、44.4%の方が仕事に対する価値観に変化があったと回答している。そのうちの半数以上がポジティブな変化だと評価しており、コロナ禍がもたらしたものが必ずしもネガティブな面だけではないことがわかった。
■コロナ前(2019年11月)と比較して感染拡大時(2020年11月)は幸福度(Wellbeing)が下がった方が上がった方を上回っていたが、感染拡大時(2020年11月)と比較して感染減少時(2021年11月)は幸福度(Wellbeing)が上がった方が下がった方を上回っている。
■上司との対話ができている人ほど、勤務先の経営理念、自身の役割とも理解しており、対話ができていないと経営理念、自身の役割とも理解が進みづらい傾向にあるため、上司との対話の重要性がうかがえる。
■働くうえで幸福と感じるものとして、「給与」、「労働時間」、「休み」といった待遇面・労働環境に関する項目が上位を占める中で、「自身の役割を理解し、仕事にやりがいをもっている」という内面的な要素も多く選ばれている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、自転車ユーザーにみる「自転車の利用実態と安全運転に関する意識調査」を実施

損保

SOMPOホールディングス、テレビCM「SOMPO認知症サポートプログラム『自転車』篇」が「第59回ギャラクシー賞」奨励賞受賞

生保

日本生命、「習い事とリスキリング」に関するアンケートを実施

生保

明治安田生命、「家計」に関するアンケート調査を実施

生保

ソニー生命、社会人1年目と2年目の意識調査2022を実施

損保

ペット&ファミリー損保、ペットニュースストレージ「2022年猫の名前ランキング」を発表

損保

SOMPOホールディングス、ICTを活用した新しいケアラー支援モデル「ケアエール」アプリをリリース

損保

SOMPOホールディングス、テレビCM「SOMPO認知症サポートプログラム『自転車』篇」が第51回フジサンケイグループ広告大賞「パブリック部門テレビ優秀賞」受賞

損保

SOMPOホールディングス、アプリ開発し「予測する介護」へ

損保

SOMPOホールディングス・損保ジャパン、桑田佳祐さんが新テレビCMソングとして新曲「平和の街」を制作

関連商品