シンニチ保険WEB

大同火災、保険料スマホ決済サービスに「au PAY」を新たに導入

大同火災は、2020年10月より提供を開始した「保険料スマホ決済サービス」の決済サービスに、2021年12月17日から「au PAY」を新たに導入した。
国内でアカウント登録者数が2700万人を超え、沖縄県内においても利用者数の多い「au PAY」を導入することで、お客さまの更なる利便性向上を図っていく。
今後もお客さまの利便性向上を目指してより良いサービスの提供に努めていく。
1.スマホ決済サービスの概要
お客さまは、自身のスマートフォンで同社が提示するQRコードを読み取り、決済専用サイトにアクセスする。同社が用意したラインナップの中から希望の決済サービスを選択し、保険料を支払う。
2.対象商品
自動車保険、火災保険 ※一時払のみ利用可能である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、LINE上で保険証券を一括管理できる『ほけんnote』をリリース

生保

生保文化センター、生命保険をテーマに作文を募集

生保

明治安田生命、「みんなにやさしい保険アクセス」(金融包摂の取組み)を展開

生保

アフラック生命、デジタルテクノロジーを最大限に活用した新たなサービス「ADaaS:アダース」提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車の走行データを活用した「交通安全EBPM支援サービス」を開始

生保

東京海上日動あんしん生命、お客様に最適な相談相手を紹介するマッチングサービスの運用開始

生保

ジブラルタ生命、教職員向けお役立ち情報「先生応援サイト」(日教弘会員限定)を開設

損保

大同火災、格付評価を公表

生保

SOMPOひまわり生命、給付金請求に「AI自動音声応答サービス」を導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、EV向け現場充電サービス実証実験を実施

関連商品