シンニチ保険WEB

MS&ADホールディングス、「MS&AD統合レポート」が「ゴールド・アウォード(優秀企業賞)」を受賞

MS&ADホールディングスは、今般、WICIジャパン統合リポート・アウォード2021において、「ゴールド・アウォード(優秀企業賞)を受賞した。2018年に受賞した「統合報告優秀企業大賞」に相当し、2度目の受賞となった。
授賞式は、今年で14回目を迎えるWICIシンポジウムで行われ、同社広報・IR部長金子美和子氏が出席し、同賞の審査委員長を務めるSESSAパートナーズ株式会社チーフアドバイザー兼三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社委嘱アドバイザー松島憲之氏より表彰を受けた。
松嶋審査委員長より、受賞理由として「財務・非財務情報の統合性に加え、時間的な統合性も示している」「マテリアリティ特定が、大きなテーマ設定だけではなく、具体的な施策も示されている」「社会課題と自社の事業機会を直結させた統合思考経営(Integrated Thinking Management)が実践されている」との評価を得た。
また、受賞者代表のコメントとして、金子氏より「当社グループは、社会との共通価値の創造(CSV)に基づく経営を展開している。統合レポートの制作が経営にも社内にも浸透して、CSV経営を推進する基盤のドライバーになってきた。今後は、グローバルでも通用する統合レポートをめざしたい」旨表明した。
MS&ADインシュアランスグループは、今後も、ステークホルダーとのエンゲージメントを深めるべく、積極的なコミュニケーションを展開していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、「Partnership for Carbon Accounting Financials(PCAF)」に加盟

損保

MS&ADホールディングス、SDGsへの貢献に向けたインパクト投資をグループ共同で実行

損保

MS&ADホールディングス、気候変動に関するCDP調査において5年連続で最高評価となる「Aリスト」企業に選定

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を発表

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、米国で資産運用子会社を設立

生保

第一生命ホールディングス、「PRIDE指標2021」において6年連続最高評価の「ゴールド」を受賞

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上による国内無担保普通社債の発行に係る条件決定

損保

MS&ADホールディングス、グループ一体で新たなビジネスを推進するための態勢を強化

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況および取得終了を発表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得状況を発表

関連商品