シンニチ保険WEB

レスキュー損保、セクハラパワハラ保険を認可取得

レスキュー損保は、セクハラパワハラ保険(約款上の正式名称は「雇用慣行賠償責任保険」)に関する金融庁の認可および届出を2021年11月29日付けで完了した。
1.セクハラパワハラ保険の開発背景
セクハラパワハラ保険は、セクハラやパワハラなどのハラスメントをはじめ、不当解雇などを理由として、従業員が会社の役員や上司に対して損害賠償責任を追及した場合の賠償金等を補償する保険である。
会社の役員や上司が従業員に対してとった言動が原因となって雇用上のトラブルが発生することが近年増加している。同社はセクハラパワハラ保険に対する需要が今後伸びると予測し、同商品を開発した。
雇用慣行賠償責任保険は、既に損保会社が販売しているが、まだ未加入の会社が多いと想定しており、同社は様々な販売チャネルを通して普及を推進していく。
2.商品の特徴
セクハラパワハラ保険は、会社が保険契約者となり保険料を負担する商品であるが、会社内で発生した不当行為(セクハラやパワハラなどのハラスメント、差別的行為、不当解雇、人格権侵害、不当評価、説明義務違反、報復的行為など)の被害を受けた従業員等に対し、(会社の事前了承を得た上で)同社から直接給付を行うことができることが特徴であり、雇用トラブルの早期解決を図ることができる。
なお、同保険の販売実績を持つ損保会社との共同保険引受(同社は非幹事)により来年早々には販売を始め、同社としてノウハウを蓄積し、将来的には同社単独での引受を予定している。
3.今後の展望
ESGやSDGsの観点においても、より高度なガバナンス構築に加えて、ジェンダー平等、ディーセント・ワークの達成が求められている。同社は、パートナーシップを活かした販売チャネルでセクハラパワハラ保険を展開していくことで、これら課題解決を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、ぜんち共済、株式会社ミライロとデジタル障害者手帳を通じた「ミライロ保険<がん保険>」を開発、販売

生保

T&Dフィナンシャル生命、静岡銀行で『変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)~販売名称「ハイブリッド あんしん ライフ」~』の販売を開始

生保

メットライフ生命、法人向け商品「ブライトビジョン」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、きらぼし銀行にて「ハイブリッド アセット ライフ」の販売を開始

損保

東京海上日動、不動産取引保険(表明保証保険)の販売開始

損保

損保ジャパン、JGAP/ASIAGAP 認証取得農場向け専用保険制度の提供開始

損保

損保ジャパン、バーチャル株主総会開催時のリスクに備える保険の提供を開始

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が、20万件を突破

生保

T&Dフィナンシャル生命、中国銀行にて変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)の販売を開始

生保

太陽生命、三井住友銀行にて「My介護Bestプラス」の販売を開始

関連商品