シンニチ保険WEB

三井住友海上、相乗り通勤実用化に向けた実証実験開始

三井住友海上ならびにMS&ADインターリスク総研は、筑波大学、KGGホールディングスと、このたび、カープール(相乗り)通勤実用化に向けた実証実験を開始した。
本実証実験では、筑波大学が構築するAI配車アルゴリズムに、三井住友海上の事故発生地点のデータを連携することで、事故が複数回発生する地点を避けた安全な最適走行ルートを利用者に提供する。
三井住友海上とMS&ADインターリスク総研は、本実証実験を通じて、カープールの利便性向上、実用化に向けて貢献していくとともに、事故データの活用による社会課題解決の実現を目指していく。
◆実証実験概要
KGGホールディングスの社員が、筑波大学の提供するAI配車アルゴリズムを使用し、カープール通勤を実施する。
三井住友海上は事故データ提供により安全な最適走行ルートの選定やリスクアセスメントを提供し、MS&ADインターリスク総研はドライブレコーダー分析、アンケート調査分析、実証実験準備等の支援を行う。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、リモートで行う社内副業「プロジェクトチャレンジ」「Meetup」を開始

損保

三井住友海上、地方創生サミットを開催

損保

損保ジャパン、安全運転支援ソリューションに関する実証実験を開始

損保

三井住友海上、獣医師、農家向け診療サポートサービス「U-メディカルサポート」の開発を開始

損保

損保ジャパン、2021年度千葉市未来技術等社会実装促進事業(自動運転車社会実装サポート事業)に基づく自動運転実証実験を実施

損保

損保ジャパン、三重県桑名市内で開催されるタクシー型自動運転車両試乗会に協力

損保

三井住友海上、実用型ホバーバイク専用賠償責任保険の提供開始

損保

東京海上日動、新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験を実施

損保

AIG損保、IoT活用による早期漏水発見のための実証実験を開始

損保

三井住友海上、「東京都スポーツ推進企業」に5年連続で認定

関連商品