シンニチ保険WEB

あいおいニッセイ同和損保、マラソンランナーに向けた大会中止保険の提供を開始

あいおいニッセイ同和損保と株式会社アールビーズ(以下、アールビーズ)は、自然災害等の影響でマラソン大会が中止した際に参加料を補償する大会中止保険を、10月から提供開始する。
1.背景
あいおいニッセイ同和損保は、所属プロランナーの川内優輝選手とともに、マラソンを通じた地域活性化の取り組み「マラソンキャラバン※1」を2019年4月から全国展開している。この取り組みを通じて、「マラソン大会は、自然災害等で中止となっても参加料が返金されないケースが多い」、「主催者が加入する興行中止保険では、中止に伴う損失は補てんされるが、ランナーへ返金する業務負荷が大きい」など、市民ランナーおよび大会主催者双方の課題を認識した。
このような課題を解決するために、川内優輝選手の着想で商品開発を始め、アールビーズが保有する過去の大会データやアンケート結果などのランナーデータを分析し、マラソンランナー向けの大会中止保険を開発した。
※1:あいおいニッセイ同和損保と川内選手が、マラソンを通じて日本全国を盛り上げて地域貢献につなげようという全国行脚プロジェクト。主に、川内選手が招待選手として出場する大会、自治体からの要請により開催した講演会などを通じた活動を指す
2.商品概要
申込~保険金支払まで完全ペーパレス化を実現し、ランナーの利便性と、両社の効率性を高めた。
本商品は日本最大級のランニングポータルサイト「RUNNET」で大会申し込みとセットで加入することが出来る。今後、対象となる大会から順次サービスを提供していく。
3.今後の展開
両社は本商品を販売することで、ランナーの大会申込時の不安を軽減し、マラソン大会の参加者増加による地域活性化やスポーツを通じた健康寿命の延伸という社会的価値の創出を目指す。また、両社は数多く※3の地方公共団体と包括連携協定を締結しており、共にSDGsの取り組みに貢献していく。
あいおいニッセイ同和損保では、「CSV×DX(シーエスブイバイディーエックス)※4」というキーワードのもと、お客さま・地域・社会とともにリスクを削減し、社会的課題解決に資する商品・サービスの拡充に取り組んでいる。両社はさらに、遠方から参加するランナーの「マラソン旅行」を補償する保険商品、自然災害だけでなくランナーの自己都合による大会キャンセルへ対応する保険商品の検討など、本取組みに関連する商品開発を行っていく。
※3:2021年9月末現在、あいおいニッセイ同和損保342自治体、アールビーズ68自治体
※4:あいおいニッセイ同和損保の商品・サービスコンセプト

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ネオファースト生命、遠州信用金庫がネオファースト生命3商品の販売を開始

生保

PGF生命、三菱UFJ銀行で新商品「米国ドル建保障選択型終身保険Neo」を販売開始

損保

レスキュー損保、セクハラパワハラ保険を認可取得

生保

太陽生命、九州ろうきんと窓販提携「無配当終身認知症・生活介護年金保険(低解約払戻金型)(001)」の販売を開始

生保

太陽生命、ネットで申込みが完結できるスマ保険の新プランを発売

生保

イオン・アリアンツ生命、終身医療保険「元気パスポート」を発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、りそな銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、佐賀銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)の販売を開始

生保

東京海上日動あんしん生命、新商品「あんしんがん治療保険」を発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、スルガ銀行にて無配当外国為替連動型終身保険(積立利率更改・通貨選択V型)の販売を開始

関連商品