シンニチ保険WEB

三井住友海上、「全日本実業団対抗陸上競技選手権大会」女子10000mでカマウ タビタ ジェリ選手が優勝

三井住友海上女子陸上競技部(鈴木尚人監督)の選手が9月24~26日に大阪府・ヤンマースタジアム長居で開催された「第69回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会」に出場し、女子10000mでカマウ タビタ ジェリ選手が初優勝した。また、根塚 みのり選手が女子ジュニア3000mで7位に入賞した。
【結果詳細】
・女子10000m:カマウ タビタ ジェリ選手、優勝(31分52秒08)
・女子ジュニア3000m:根塚 みのり選手、7位(9分17秒80)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「地元アスリート応援プログラム」2022年4月期を募集

生保

T&Dホールディングス、「サイバーインデックス企業調査2021」を評価

損保

イーデザイン損保、「働きがい認定企業」に選出

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、米国で資産運用子会社を設立

損保

アイペット損保、女性活躍推進企業として「えるぼし」認定で最高位3つ星を取得

損保

あいおいニッセイ同和損保、北海道オール・オリンピアンズ」と包括連携協定を締結

損保

SBI損保、「第60回電話応対コンクール全国大会」でSBI損保の従業員が優秀賞を受賞

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、新たな保険料払込方法「ダイレクト払」を導入

損保

三井住友海上、相乗り通勤実用化に向けた実証実験開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、LGBTQに関する「PRIDE指標2021」で「ゴールド」評価を2社同時受賞

関連商品