新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、「認知症に関する意識調査」を実施

SOMPOホールディングスは、9月21日の世界アルツハイマーデーおよび9月の世界アルツハイマー月間に合わせ、「認知症に関する意識調査」を実施した。
SOMPOグループは、「認知症に備える・なってもその人らしく生きられる社会を」をスローガンとして掲げ、「SOMPO認知症サポートプログラム」を展開している。また、9月21日の世界アルツハイマーデーおよび9月の世界アルツハイマー月間にあわせ、『“Talk with”話そう。認知症のこと。』をコンセプトに認知症の社会啓発を促すイベントや取組みを実施している。
そこで、9月21日の世界アルツハイマーデーを迎えるにあたり、身近な人と認知症について対話するきっかけにしてしてもらうことを目的に意識調査を実施した。
●意識調査結果のポイント
(1)認知症を予防するための対策として最も多くの方が「人と多く話をする」(67.4%)と回答したが、実践している人は3割弱(27.7%)にとどまり、認識はしていても実践は出来ていない人が多いことがうかがえる。
(2)自身や家族が認知症になることに不安をいだいている人がいずれも6割と多い一方で、認知症について身近な人と話をした人は「配偶者と話をした」(33.1%)、「親と話をした」(18.9%)、「自分の子供と話をした」(12.6%)と少なく、不安ではあるが健康な時に身近な人と話をしている人は少ないということがわかった。
(3)「もし、認知症になったら周りの人には知られたくない」と答えた人は1割以下にとどまり、認知症は誰もがなりうるものであり、多くの人にとって身近な存在になりつつあることがうかがえた。
(4)認知症に関して、身近な方と「話したことがある」「機会があれば話したい」と思っている人は9割にのぼることがわかった。
(5)性別に見てみると女性は男性に比べて認知症への理解度、関心、認知症予防への意識などが総じて高く、その理由として、自身が認知症になることで周りの人に迷惑をかけたくないと考える傾向が女性のほうが男性よりも強いことが考えられる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、自己株式取得に係る事項を決定

損保

SOMPOホールディングス、2024年3月期決算を発表

損保

SOMPOホールディングス、株式給付信託(BBT)に追加拠出

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「認知症予防を目指した多因子介入によるランダム化比較試験」で成果、「Alzheimer’s&Dementia」(アルツハイマー病協会国際学術誌)に掲載

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、「介護現場におけるテクノロジーの効果的活用のための評価手法検討委員会」最終報告書を公表

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、「東京レインボープライド2024」に協賛・参加

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、4月16日から、SOMPOが創る「未来の介護」を紹介するウェブ動画を公開

損保

SOMPOホールディングス、2024年台湾東部沖地震による被災地・被災者を支援

損保

SOMPOホールディングス、取締役会議長に東和浩社外取締役が就任

生保

ライフネット生命、エーザイと認知症保険「be」を共同開発

関連商品