シンニチ保険WEB

損保ジャパン、報酬トラブル弁護士費用保険『フリーガル』を一般会員に自動付帯

損保ジャパンと一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会(以下「フリーランス協会」)は、フリーランス協会の一般会員を対象に、業務妨害行為に該当するような報酬未払い等の法的トラブル(以下「報酬トラブル」)に対応する際の弁護士費用を補償する報酬トラブル弁護士費用保険『フリーガル』を2019年8月17日から提供している。この度、一般会員(年会費1万円、ライト会員を除く)に対し、報酬トラブル弁護士費用保険『フリーガル』を2021年9月15日から年会費は据え置きで自動付帯する。
1.背景・経緯
2020年11月にフリーランス向け公的相談窓口「フリーランス・トラブル110番※」が設置され、2021年3月には「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン」が策定された。また、2021年6月に閣議決定された成長戦略実行計画では、書面での契約のルール化など、法制面の措置を検討することも方向づけられている。
このように国によるフリーランスの働く環境整備が進められる一方で、実際にトラブルが発生した場合は、フリーランスが個人で対策を講じなければならない現状は依然として残っている。
損保ジャパンは以前よりフリーランス協会と協力し、副業・兼業などの多様な働き方をする方が安心して働ける環境づくりに努めているが、上記の現状をふまえ、この度、フリーランス協会が提供する『ベネフィットプラン』の任意加入制度であった『フリーガル』を、一般会員(年会費1万円、ライト会員を除く)全員に自動付帯することで、より安心して働ける環境をフリーランス協会を通じて提供することとした。
※フリーランス・トラブル110番
https://freelance110.jp/
2.報酬トラブル弁護士費用保険『フリーガル』の特長
フリーランスの方が業務妨害行為に該当するような報酬未払い等の法的トラブルにあった場合に、円満な解決をサポートするプランである。
トラブルの予防や発生についてアドバイスを受けることができ、また、損保ジャパンの承諾のもと弁護士対応を行う場合に、保険金を支払う。9月15日から一般会員(ライトプランは除く)の方に自動付帯する。
3.今後について
フリーランス協会と損保ジャパンは、『ベネフィットプラン』の提供を通じて、フリーランスをはじめ、兼業や副業など多様な働き方を選択する人々が安心して働くことができる環境づくりに貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生損

ソニー生命、ライフプランナーによるソニー損保の火災保険取扱開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、マラソンランナーに向けた大会中止保険の提供を開始

生保

マニュライフ生命、外貨建終身保険『こだわり活き活き終身保険(外貨建)』を新たに栃木銀行で発売

損保

損保ジャパン、全国の自治体が作成した防災動画等を一挙公開

損保

損保ジャパン、「修学旅行キャンセル保険」の提供開始

損保

損保ジャパン、物流業者向け「貨物避難費用特約」の販売を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、NearMeのアプリから申し込み可能な国内旅行保険を提供開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】避難情報の発令に基づき、企業の車両避難費用を補償

損保

東京海上日動、投資運用事業者向け賠償責任保険を販売開始

損保

損保ジャパン、高橋一生さんを起用したテレビCM『事故対応のプロ』篇の放映開始

関連商品