シンニチ保険WEB

チューリッヒ保険、日本遺品整理士連合会と提携しシニア傷害保険の加入者向けに「生前整理/遺品整理業者紹介・割引サービス」を開始

チューリッヒ保険は、特定非営利活動法人日本遺品整理士連合会と提携し、2021年8月4日から、同社のシニア傷害保険※のお客さまに対し「生前整理/遺品整理業者紹介・割引サービス」を開始した。
具体的には、シニア傷害保険の被保険者(遺品整理の場合は、その遺族)に対し、日本遺品整理士連合会に登録されている遺品整理業者の紹介と、生前整理・遺品整理の通常代金の5%割引サービスを提供する。
国内の少子高齢化、核家族化に伴い、生前整理・遺品整理市場は年々拡大傾向にある。またエンディングノートが広く認知されるなどシニア世代のお客さまの「終活」に関する関心も高まっている。一方、このような背景を受けて遺品整理業の事業者数も年々増えているが、不要品を不法投棄したり、不当に高額な料金を請求する業者も少なからず存在している。そこで同社は、お客さまに提携先の日本遺品整理士連合会において審査・認定された業者を紹介することにより、環境省および地方自治体の定める方法に従って一般廃棄物の適切な処理を行い、お客さまがより安価で安心して生前整理・遺品整理を行うことができるサービスを導入した。
なお、この「生前整理/遺品整理業者紹介・割引サービス」は、同社のイノベーション創出を目的としたタスクフォースから生まれた提案をもとに導入したもの。このように同社は今後も「ケア」の精神と「イノベーション」の発想に基づき、お客さまにとってより価値のある魅力的な商品やサービスの提供に努めていく。
※ シニア傷害保険は、加入者約120万人(2021年7月時点)の同社主力商品のひとつ。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、LINE上で保険証券を一括管理できる『ほけんnote』をリリース

生保

生保文化センター、生命保険をテーマに作文を募集

生保

明治安田生命、「みんなにやさしい保険アクセス」(金融包摂の取組み)を展開

生保

アフラック生命、デジタルテクノロジーを最大限に活用した新たなサービス「ADaaS:アダース」提供を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、自動車の走行データを活用した「交通安全EBPM支援サービス」を開始

生保

東京海上日動あんしん生命、お客様に最適な相談相手を紹介するマッチングサービスの運用開始

生保

ジブラルタ生命、教職員向けお役立ち情報「先生応援サイト」(日教弘会員限定)を開設

生保

SOMPOひまわり生命、給付金請求に「AI自動音声応答サービス」を導入

損保

あいおいニッセイ同和損保、EV向け現場充電サービス実証実験を実施

損保

三井住友海上、三井住友カード、国内初お好きなカード付帯保険を選択できる「選べる無料保険」を開始

関連商品