シンニチ保険WEB

ジェイアイ傷害火災、海外からワンタップで日本につながる「t@bihoジャパンダイレクト」が登場

ジェイアイ傷害火災と保険DXを推進する株式会社justInCaseTechnologies(以下JICT)は、JICTが提供するスマートフォンアプリ「justInCaseアプリ」に新サービスとなる「t@bihoジャパンダイレクト」を追加し、提供を開始した。本機能はJICTが開発したデータ回線による音声通話機能で、「t@bihoたびほ」契約者は海外でホテルなどの無料Wi-Fi、日本から持参した定額制Wi-Fiサービスなどに接続していれば、どの国・地域からでもいつでも電話と同様に各種トラブルの相談、保険事故の連絡ができるようになった。
1.背景
「t@bihoたびほ」では従来、海外でトラブルにあわれたお客様がサポートセンターに連絡する方法として、KDDIワールドフリーフォンまたは一般ダイヤルでの連絡を案内していた。しかしながら、滞在先ホテルごとに異なる海外発信方法、各国の電話網における各種仕様の違いなどから、緊急時に迷うことなく電話ができなかった、または予期していなかったローミング設定により高額な通話料が発生してしまったという声があった。そのため、素早く簡単に、かつ確実なお客様からの連絡手段を用意し、さらなる安心を提供する必要があった。
2.「t@bihoジャパンダイレクト」の特長
・インターネットさえつながっていれば、24時間365日滞在先の環境によらず、確実にどの国・地域からでもいつでも音声による連絡が可能。
・アプリからワンタップですぐにサポートセンターの日本人スタッフと通話が可能。
・ホテルなどの無料Wi-Fi、定額制Wi-Fiサービスに接続していれば、実質的な追加費用の負担や通話時間を気にせず利用が可能。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

イーデザイン損保、【日本初・ビジネスモデル特許出願中】AIを活用した事故担当者マッチングサービス「私のタントウシャ」を開始

生保

東京海上日動あんしん生命、「保険金Web請求手続き」の利用範囲の拡大

生保

SBI生命、Amazon Echoによる音声での保険料見積もりサービスを開始

生保

オリックス生命、契約者向け「提携企業のお役立ちサービス」に新サービスを追加

生保

大同生命、『つながる手続』の利用対象を拡大

生保

オリックス生命、AIによる自動音声応答での住所変更受付を開始

損保

AIG損保、障がい者関連施設の送迎車運行状況が一目でわかるアプリ 「AIG Drive」「AIG Drive for pick up car」の提供を開始

損保

ジェイアイ傷害火災、業界で初めて火災保険の契約が即時Web完結となる新機能をリリース

損保

SBI損保、健康口座の取扱開始

損保

アクサダイレクト、Emmaによる公式ウェブサイトのお客さまサポート機能を強化

関連商品