シンニチ保険WEB

損保協会、令和3年7月1日からの大雨および令和3年8月11日からの大雨による災害に関する損保業界の対応について発表

損保協会は、令和3年7月1日からの大雨および令和3年8月11日からの大雨による災害に万全の体制で対応するため、「2021年度自然災害対策本部を設置した。本対策本部では、新型コロナウイルス感染防止に配慮しつつ、今般の大規模自然災害に総力を挙げて対応していく。
また、火災保険、自動車保険、傷害保険などの各種損害保険(自賠責保険を除く)については、令和3年7月1日からの大雨による災害および令和3年8月11日からの大雨による災害により災害救助法が適用された地域で被害を受けられた場合、継続契約の締結手続きおよび保険料の払い込みを最長6か月後の末日まで猶予する特別措置を実施することとした。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会・舩曵真一郎会長「2022年 年頭所感」

損保協会・団体

損保協会、英文ファクトブックを作成

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、高等学校における損害保険等の教育に関する調査を実施

損保協会・団体

損保協会、令和3年9月中間期 損保決算概況を発表

損保協会・団体

損保協会、事業者向け特設サイト「中小企業に必要な保険」を開設

損保協会・団体

損保協会、高校生向けの動画教材を拡充

生保

日本生命、福岡ビル・福岡三栄ビルを建替へ

生保協会・団体

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による協働エンゲージメントの実施について発表

生保

かんぽ生命、新市場区分「プライム市場」選択申請、上場維持基準の適合に向けた計画書を提出

関連商品