シンニチ保険WEB

アイペット損保、子犬の骨折と月齢の相関性について分析結果を発表

アイペット損保は、契約者からの保険金請求実績データに基づき、これまでにも、1歳未満の子犬で骨折が多く発生しているという調査結果を公表しているが、この度さらに、子犬の月齢別骨折発生割合を算出し、子犬の骨折と月齢の相関性についての分析を行った。
その結果、1歳未満の子犬の中でも、さらに生後10か月までに骨折の発生が多く、特に気を付けなければいけない時期であるということが示唆された。本リリースでは、その分析結果を基に、骨折が発生しやすい時期や子犬の習性などについて解説し、正しい知識や重点的な対策などによって、その予防効果向上の一助となることを目的としている。
今回の調査では、1歳未満の子犬の中でも「どの月齢で骨折が多く発生しているのか」を調査するため、骨折にて同社へ請求があった契約数を母数とし、発生時点の月齢別に割合を算出し分析を行った。子犬の月齢別骨折発生割合の推移では、生後3か月から骨折が発生する割合が増加し、生後10か月では最も多い約20%まで上昇し、その後は割合が急激に減少している。その結果からも、お家にお迎えしてからの1年間のうち、特に生後3か月から10か月までに骨折が起こりやすく、この時期は特に骨折対策が必要であるということが示唆された。
また、同社の獣医師によると、骨折は事故疾患であり、しっかりと対策をしていれば防ぐことができるケガであるが、対策をしていても発生してしまうのは、「子犬や小型犬特有の骨の脆弱性」「子犬の未熟な判断力」「飼い主さまの知識不足」の3つの要因が挙げられるとしている。
【骨折が起きる3つの要因】
■子犬や小型犬特有の骨の脆弱性
■子犬の未熟な判断力
■飼い主の知識不足

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、セカンドライフに関するアンケート調査を実施

生保

大同生命、「大同生命オンラインフォーラム」を開催

生保

ソニー生命、シニアの生活意識調査2021を実施

生保

明治安田生命、「健康」に関するアンケート調査を実施

損保

損保ジャパン、「地震への備えに関する意識調査」を実施

損保

損保ジャパン、台風シーズンに向けた「台風への対策・悪質な修理業者に関する意識調査」を実施

損保

ソニー損保、「2021年全国カーライフ実態調査」を実施

生保

チューリッヒ生命、2021年 ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査結果を発表

生保

ソニー生命、中高生が思い描く将来についての意識調査2021を実施

生保

大同生命、「在宅勤務(テレワーク)とデジタル化の取組状況」について調査結果を公表

関連商品