シンニチ保険WEB

損保協会、第1回気候変動勉強会を開催

損保協会は、7月15日(木)に制定した気候変動対応方針に基づく業界取組みを推進すべく、気候変動に関する知識向上および会員各社の取組みの一段のレベルアップを図る観点から、7月20日(火)に損保会館およびオンラインにて、会員各社向けの勉強会を開催した。
第1回目にあたる今回、「金融庁サステナブルファイナンス有識者会議」のメンバーを務めるグローバルリスクアンドガバナンス社代表の藤井健司氏を招き、「気候変動リスクと金融機関」と題して、地球温暖化を取り巻く状況とそこから生じる気候変動リスクについての説明とともに、お客様との間で脱炭素化社会に向かうための能動的な対話を行うことなど、金融機関に期待されている役割について講演いただいた。
当日は、37名が会場で、767名がオンラインで参加、質疑応答では時間内に応えられないほど多数の質問が寄せられるなど、損保各社において気候変動に対する関心が非常に高まっていることがうかがえた。

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会・舩曵真一郎会長「2022年 年頭所感」

損保協会・団体

損保協会、英文ファクトブックを作成

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、高等学校における損害保険等の教育に関する調査を実施

損保協会・団体

損保協会、令和3年9月中間期 損保決算概況を発表

損保協会・団体

損保協会、事業者向け特設サイト「中小企業に必要な保険」を開設

損保協会・団体

損保協会、高校生向けの動画教材を拡充

損保

損保会社6社と損保協会およびトッパン・フォームズ、損害保険会社の保険料控除証明書発行における共同システムを構築電子化とマイナポータルへの連携に対応

損保

損保協会、2021年度「デジタルの日」記念特別対談を実施

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

関連商品