シンニチ保険WEB

損保協会、「令和4年度税制改正要望」を決定

保協会、「令和4年度税制改正要望」を決定
損保協会は、損害保険業の健全な発展を通じて、我が国経済の発展と国民が安心して暮らせる社会の構築に寄与していく観点から、令和4年度の税制改正要望項目(全8項目)を決定した。
●重点要望項目
・火災保険等に係る異常危険準備金制度の充実
自然災害の激甚化・頻発化の中において、風水災などによる被害を補償する火災保険事業の持続可能性を守るため、火災保険等に係る異常危険準備金制度について、
1)積立率を現行の6%から10%に引き上げること
2)洗替保証率を現行の30%から40%に引き上げること(本則積立率となる残高率も同様に引上げ)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、「CDP」および「Climate Action 100+」へ署名

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

住友生命、日本の生保会社で初めて国際イニシアティブPCAFに加盟

損保

SOMPOホールディングス、自己株式の取得状況

生保

FWD富士生命、FWD生命へ社名変更

生保

アクサ生命、「ライフマネジメント(R)~人生を経営する~」の理念に基づいた取り組みを強化

生保

富国生命、2021・2022年度日本経済の見通しを改訂

損保協会・団体

損保協会、令和3年7月1日からの大雨および令和3年8月11日からの大雨による災害に関する損保業界の対応について発表

生保協会・団体

生保協会、災害救助法適用地域の特別取扱いについて(長野県・長崎県)を発表

生保

明治安田生命、ディスクロージャー資料を公開

関連商品