シンニチ保険WEB

東京海上日動、北九州市における水素とバイオ燃料を利用したハイブリッド型先進船舶の商用運航を計画

東京海上日動は、この度、商船三井テクノトレード株式会社、関門汽船株式会社、ヤンマーパワーテクノロジー株式会社、ヤンマーマリンインターナショナルアジア株式会社、大陽日酸株式会社、本瓦造船株式会社の7社と、水素とバイオ燃料の利用、及び高度な操船支援システムの導入により、環境に配慮すると共に、高度な安全性を実現する先進船舶の商用運航を共同で検討していくための基本合意書を締結した。
2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略の策定により、様々な産業で、脱炭素、化石燃料の代替燃料の活用推進が図られている。
日本政府は2030年までのCO2排出量を2013年比46%削減するという目標を掲げており、内航海運においてもGHG削減は喫緊の課題になって来ている。このような環境の下、港湾におけるゼロ・エミッションを実現するためのカーボンニュートラルポート検討会も国内各地で開催されている。
本プロジェクトでは、国内観光船をモデルとし、既存の舶用機器に限らず様々な技術を活用して、船舶におけるGHGの大幅な削減の実現を目指す。
船舶の動力には、水素とバイオ燃料を利用したハイブリッド型のカーボンニュートラルなパワートレインを活用し、従来のイメージにとらわれない新たな船舶の活用方法を地元企業や大学等との連携の下、検討していく。なお、今回の環境配慮型ハイブリッドシステムは将来の水素技術の高度化を睨み、燃料を全量水素とすることでゼロ・エミッションが実現できるようなシステムを採用する予定である。
また、モデル地域は門司港を中心とした関門エリアとし、水素供給インフラの整備から先進船舶の商用運航への様々な課題解決にあたり、脱炭素社会の実現に向け、カーボンニュートラルポートの形成に取り組む北九州市と連携して取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、「人工衛星画像を活用した保険金支払いの高度化」がInsurance Asia Awards 2021を受賞

生保

東京海上日動、蓄電池管理技術の事業化に向けた協業開始

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

損保

東京海上日動、社会課題の解決に向けた取組みを強化

損保

SBI損保、【損害保険業界初】JATTO・DRP 先進安全自動車の電子制御装置整備(エーミング)に関する提携を発表

生保

マニュライフ生命の全額出資子会社MFAが金融商品仲介業でアイザワ証券と業務委託契約、アイザワ証券子会社のライフデザインパートナーズともパートナーシップを構築

損保その他

東京海上日動、東京海上ディーアール、「太陽光発電向けM&A発電向けM&Aパッケージプラン」の提供開始パッケージプラン」を提供開始

損保

東京海上日動、自然災害からの避難行動を支援する実証実験の開始

損保

東京海上日動、AIを活用した自動車保険における不正請求の早期検知の取組み

損保

東京海上日動と三菱UFJ銀行が新たな保険商品・サービスを共同で開発へ

関連商品