シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットの保険金請求が多い傷病のランキング2021を発表

アイペット損保は、毎年行っている契約者からの保険金請求実績に基づく「保険金請求が多い傷病のランキング」を今年も発表した。また、今年は同社で契約件数の多い犬種別の調査結果についても公開している。
【調査結果】
●総合(通院・入院・手術)で最も保険金請求が多かったのは、犬は「皮膚炎」、猫は「下痢」、飼い主が変化に気づきやすい傷病が上位に
●手術で最も保険金請求が多かったのは、犬は「腫瘍」、猫は「異物誤飲」
●年齢別では、犬の全年齢で「皮膚炎」「外耳炎」、猫の0歳では「猫カゼ」がランクイン
●犬種別では、調査対象の4犬種全てに共通して「皮膚炎」が上位に
【調査概要】
調査期間:2020年1月1日~12月31日
調査サンプル数:52,927件
調査方法:同社の保険金請求データを元にしたサンプル調査

関連記事(保険業界ニュース)

生保

大同生命、「コロナ禍における事業承継」について調査結果を公表

生保

日本生命、セカンドライフに関するアンケート調査を実施

生保

大同生命、「大同生命オンラインフォーラム」を開催

生保

ソニー生命、シニアの生活意識調査2021を実施

生保

明治安田生命、「健康」に関するアンケート調査を実施

損保

損保ジャパン、「地震への備えに関する意識調査」を実施

損保

損保ジャパン、台風シーズンに向けた「台風への対策・悪質な修理業者に関する意識調査」を実施

損保

ソニー損保、「2021年全国カーライフ実態調査」を実施

生保

チューリッヒ生命、2021年 ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査結果を発表

生保

ソニー生命、中高生が思い描く将来についての意識調査2021を実施

関連商品