シンニチ保険WEB

損保ジャパン、栃木県ABCプロジェクト「自動運転バスに乗ろう@茂木町」に参加

損保ジャパンは、栃木県が推進する『栃木県ABCプロジェクト※1』として実施される自動運転バスの実証実験に参加し、自動運転リスクアセスメント※2を提供する。
※1 栃木県では、『栃木県ABCプロジェクト』として、自動運転システム(Autonomous)を導入した路線バス(Bus)の本格運行を目指した挑戦(Challenge)を行っている。
※2 自動運転車の安全な走行と運用を支援するため、実証実験の計画段階から走行ルート案における危険シナリオを洗い出し、それらの危険度を評価して、適切な対策を講じることで、安全な走行を支援するソリューションである。
1.実証実験の目的
同社は、本実証実験の運営主体である、株式会社建設技術研究所をはじめ、アイサンテクノロジー株式会社、株式会社ティアフォー、株式会社フィールドオート、埼玉工業大学とともに、高精度3次元地図※3、GNSSシステム(全球測位衛星システム)、およびLiDAR※4を用いた自動運転システムによるマイクロバスを運行する実証実験を実施する。また、本実証実験を通して、自動運転走行の安全性、社会受容性、ビジネスモデルの観点で実装可能性を検証する。
※3 高精度3元点群データを用いて生成した地物を収録した地図である。誤差センチメートル単位の高い精度を持ち、自動運転に必要とされる地物情報である車線、標識、信号などを地図上で立体的に再現することができる。
※4 LiDAR情報
「LightDetectionandRanging」の略。レーザーを対象物に照射し、散乱光を測定することにより、対象物までの距離(や性質)を取得するLiDARの技術によって、得られた情報である。
2.実証実験の概要
(1)実験日時:2021年6月6日(日)から2021年6月20日(日)まで
9:00~16:00(1日5往復、10便を運行)
※6月7日(月)と6月14日(月)は運休
(2)運行区間:道の駅もてぎ~茂木駅~ふみの森もてぎ(往復約3.7km)
3.同社の役割
同社は、走行エリアのリスクアセスメントを実施することで、安心・安全な実証実験を支える。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「事業者向けかけつけサービス」の開発に向けて実証を開始

生保

アフラック生命、電気通信大学がアフラック生命とネーミングライツ協定を締結

損保

損保ジャパン、【日本初】スペースマーケット利用者向けオンライン紛争解決(ODR)サービスとODRサービス費用補償の提供を開始

損保

損保ジャパン、会員制Webサイト「SOMPOPark」がサービス開始から2周年でキャンペーンを実施

損保

損保ジャパン、白馬村との『地域防災力向上等に関する包括連携協定』を締結

損保

損保ジャパン、長野県筑北村との『地域防災力向上等に関する包括連携協定』を締結

損保

三井住友海上、米国インシュアテック企業 NEXT Insuranceへ出資

損保

損保ジャパン、東京都公募『令和3年度西新宿エリアにおける自動運転移動サービス実現に向けた5Gを活用したサービスモデルの構築に関するプロジェクト』に採択

損保

三井住友海上、Synamonとの協業によるVRを活用した家屋損害調査研修を開始

生保

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラム第28期寄付金を贈呈

関連商品