シンニチ保険WEB

SOMPOホールディングス、石川県七尾市でケアラー支援モデルの実証開始

SOMPOホールディングスは、七尾市矢田郷地区まちづくり協議会と連携し、七尾市矢田郷地区において在宅で家族を介護するケアラーを支援する新しい在宅介護モデルに関する実証を開始し、シニアの”Well-being”※1実現を通じた社会課題の解決に貢献することを目指す。
◆実証の概要
SOMPOホールディングスは、全国で400万人以上※2と推測される在宅で介護をするケアラーの負担軽減と要介護者に対するケアの品質を高めることを目的に、ケアラー自身が参加できるサロン運営の実証を行う。本実証を通じ、ケアラーおよび要介護者本人を起点とした地域でのケアラー支援モデルの将来的な実現を目指す。
ケアラー向けサロンとは、地域のケアラーが訪れ、介護知識・ケアの技術に加えて、在宅介護を負担にしないマインドセットや、在宅介護の生活の中で、スマホなどのデジタルツールの便利な使い方を学ぶことができる場で、オンラインでも参加可能である。また、近隣のケアラー同士がサロンに参加することで、地域での繋がりが生まれることも期待できる。
今回の実証では、ケアラーが抱える「孤立」と「不安」を解決する場として、地域と連携したサロンが機能するかを検証する。
サロンは4月~6月の期間で計5回(4回のテーマ別サロンと1回のフォローアップ)のワークショップ型である。七尾市矢田郷地区まちづくり協議会と連携し、七尾市が後援、SOMPOホールディングスがコーディネートする。
※1“Well-being”とは、身体的・精神的・社会的にも満たされた状態(WHO定義)を指す。
※2 居宅(介護予防)サービス受給者数は、3,975,193人(厚生労働省「介護保険事業状況報告(暫定)」(2020年11月償還給付決定分))より)であり、サービス受給者一人あたり一人以上のケアラーが存在すると仮定した推定である。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

SOMPOホールディングス、企業価値向上の取組みに関する体制変更と役員の異動に関する発表

損保

SOMPOホールディングス、タイのキャッサバ農家向け「天候インデックス保険」提供開始

損保

SOMPOホールディングス、英国のスタートアップWejoLimitedへ戦略的投資を実施

損保

SOMPOホールディングス、【業界初】タイのサトウキビ農家向け「天候インデックス保険」を販売開始

損保

SOMPOホールディングス、SOMPOケア、ルネサンスからの出向者受入れ

損保

SOMPOホールディングス、社会課題を解決するための包括的な相互協力に関する協定の締結

損保

SOMPOホールディングス、DXの取組みに積極的な企業として「DX注目企業2021」に選定

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、米国ContrastSecurity社のセキュリティソリューションを導入

損保

SOMPOホールディングス、立命館守山中学校・高等学校の課外活動9団体を対象に健康経営応援アプリ「HealthChecker」の実証実験を開始

損保

SOMPOホールディングス、日本初のESG重視型ベンチャーキャピタル・ファンドへ出資

関連商品