シンニチ保険WEB

三井住友海上、セブン‐イレブンの社用車に『F-ドラ』『FOUR SAFETY』を導入

三井住友海上では、3月から、セブン‐イレブンの社用車に「フリート契約向けドライブレコーダー・テレマティクスサービス『F-ドラ』」および「『FOUR SAFETY』~ながら運転防止支援サービス~」の導入を順次開始した。
『F-ドラ』および『FOUR SAFETY』は、社員の安全運転、事故削減につながるサービスである。セブン‐イレブンでは2020年3月より、同サービスを一部地域にて試験的に導入した結果、社員の安全運転意識が向上し、事故・違反削減効果が確認できたことから、今般、店舗経営相談員(OFC、オペレーション・フィールド・カウンセラー)の車両を中心にサービスの本格導入を決定した。今回は約3,000台への導入となり、1,000台を超える社用車への導入例は、セブン‐イレブンが初となる。
セブン‐イレブンは、『F-ドラ』および『FOUR SAFETY』の導入を通じて、社員が安全に運転する環境を整え、重大事故を未然に防ぐことにより、社員の生活を守ることを目指していく。
三井住友海上は、「社会との共通価値を創造する(CSV:Creating Shared Value)」取組の中でSDGsを道しるべとし、重点課題のひとつである「事故のない快適なモビリティ社会を作ること」の実現に貢献していく。
◆『F-ドラ』の主な機能
『F-ドラ』は専用ドライブレコーダーで、企業・従業員の「事故・緊急時」「事故防止取組」「運行管理」の3つをサポートする三井住友海上のフリート契約者向け有償サービスである。
◆『FOUR SAFETY』の主な機能
『FOUR SAFETY』は、シガープラグ型の専用端末とスマートフォンアプリにより、車が一定の速度を超過すると、スマートフォン操作を制御するサービスである。
『FOUR SAFETY』は“4つ”の“安全のために”という意味である。運転中のスマートフォン操作を制御することで、「従業員」「企業」「社会」「未来」の安全を実現したいという願いを込めている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

はなさく生命、「先進医療給付金(陽子線治療・重粒子線治療)の医療機関あて直接支払サービス」開始

損保

SBI損保、DataRobot社主催「AIExperienceVirtualConference2021」基調講演に社長五十嵐正明氏が登壇

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、業界初自動車保険における中断制度の対象事由に「重度傷病による運転不能」を追加

生保

明治安田生命、「ノスタルジック関西」を発行

損保

三井住友海上、「再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」へ参画

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、高齢者向け「行方不明時の捜索費用補償」の販売を開始

損保

三井住友海上、警察庁オープンデータを見える化した交通事故マップを公開

損保

au損保、スマホ決済「auPAY」で保険料支払いが可能に

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、エアロセンスとの提携による固定翼ドローンとAIを活用した水災損害調査を開始

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、米国ContrastSecurity社のセキュリティソリューションを導入

関連商品