シンニチ保険WEB

損保協会、「第22回自動車盗難事故実態調査結果」を発表

損保協会は、「第22回自動車盗難事故実態調査」を発表した。
本調査は、2000年度から自動車盗難防止対策の一環として、自動車本体盗難事故や車上ねらい事故の実態調査を実施しているもので、今回が22回目となる。
◆実態調査結果(概要)
・車両本体盗難の被害では、ランドクルーザーが2回連続でワースト1
・車両本体盗難1件あたりの平均支払保険金は、406.2万円と増加傾向
・盗難発生時間帯では、深夜から朝にかけて被害が多く発生
・盗難発生場所では、屋外駐車場が狙われやすく約78%を占めている
詳細:https://www.sonpo.or.jp/news/release/2020/2103_03.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、有識者等による金融経済教育、損害保険教育の必要性に関するインタビュー動画を公開

生保協会・団体

生保協会、「生命保険協会 SR報告書2021」発行

損保協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、山口県上関町に軽消防自動車を贈呈

損保

損保協会、島根県知夫村に軽消防自動車を贈呈

損保協会・団体

損保協会、「奈良県 新広域道路交通ビジョン・計画(案)」に意見表明

損保

共栄火災、自転車ユーザーにみる「自転車の利用実態と安全運転に関する意識調査」を実施

生保

大同生命、コロナ禍を乗り越える中小企業の姿が明らかに

生保

メディケア生命、がん患者およびその家族2,065名対象にがん治療に関する調査を実施

損保

セゾン自動車、「自動車の事故率(対物・車両)」について調査を実施

関連商品