新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

損保協会、「第22回自動車盗難事故実態調査結果」を発表

損保協会は、「第22回自動車盗難事故実態調査」を発表した。
本調査は、2000年度から自動車盗難防止対策の一環として、自動車本体盗難事故や車上ねらい事故の実態調査を実施しているもので、今回が22回目となる。
◆実態調査結果(概要)
・車両本体盗難の被害では、ランドクルーザーが2回連続でワースト1
・車両本体盗難1件あたりの平均支払保険金は、406.2万円と増加傾向
・盗難発生時間帯では、深夜から朝にかけて被害が多く発生
・盗難発生場所では、屋外駐車場が狙われやすく約78%を占めている
詳細:https://www.sonpo.or.jp/news/release/2020/2103_03.html

関連記事(保険業界ニュース)

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に12台寄贈

損保協会・団体

損保協会、「令和7年度税制改正要望」を決定

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、日本損害保険協会の役員改選を発表

損保

損保協会、自動運転の法的・実務的論点に関する報告書を作成

損保協会・団体

損保協会、令和5年度損保決算概況を公表

損保

損保協会、兵庫県を中心とした令和6年4月16日の降雹に係る各種損害保険の支払件数・支払保険金等を公表

損保協会・団体

損保協会、令和6年能登半島地震に係る地震保険の支払件数・支払保険金等について(2024年5月31日現在)

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、「損保一般試験」(募集人試験)の教育テキストをデジタル化

関連商品