シンニチ保険WEB

SBI損保、火災保険の事故受付におけるAI受電システム導入

SBI損保は、電話放送局の「ロボット自動受付サービス」を活用し、3月15日(月)より、火災保険においてAI受電システムによる事故受付サービスを導入した。国内のダイレクト型損害保険会社では初めての導入となる(※1)。
近年、台風等の大規模災害が多発している中で、SBI損保はいかなる状況でもお客さまからの事故連絡を迅速に受け付ける体制の構築を目指している。このたびのシステム導入により、大規模災害の発生直後等で一時的に事故受付の電話が集中した際にも、お客さまに不便をかけることなく、事故受付を行うことが可能になる。
お客さまがスマートフォンなどで火災保険の事故連絡をした際、お客さまはオペレーターでの対応に加え、「AI受電システム対応」を選択できるようになる。その場合、オペレーターに代わりAI受電システム上でロボットが自動音声で質問し、お客さまの回答を音声認識しテキストデータ化する。データ化された事故受付情報は、お客さまのスマートフォンなどにSMS(ショートメッセージサービス)として送信され(※2)、受信したURLから登録内容を確認し、情報の追加や修正を行うことができる。こうした一連の処理によりオペレーターを介さずに事故受付を完結させることが可能となるスキームである。
※1 2021年3月 SBI損保調べ
※2 最初にSMSの送信についての同意が必要

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、メディケア生命、新サービス「AIぴったり保険診断」をローンチ

生保

はなさく生命、「先進医療給付金(陽子線治療・重粒子線治療)の医療機関あて直接支払サービス」開始

損保

SBI損保、DataRobot社主催「AIExperienceVirtualConference2021」基調講演に社長五十嵐正明氏が登壇

生保

明治安田生命、「ノスタルジック関西」を発行

損保

au損保、スマホ決済「auPAY」で保険料支払いが可能に

損保

SOMPOホールディングス、損保ジャパン、米国ContrastSecurity社のセキュリティソリューションを導入

損保

SBI損保、フラッグベアラー参加権をプレゼント

損保

SBI損保の自動車保険で、Tポイントが利用できるサービス開始

生保

大同生命、満期保険金の「請求書レス支払」開始

損保

SBI損保、筑波銀行にて「SBI損保のがん保険」団体保険のサービス開始

関連商品