新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保、火災保険の事故受付におけるAI受電システム導入

SBI損保は、電話放送局の「ロボット自動受付サービス」を活用し、3月15日(月)より、火災保険においてAI受電システムによる事故受付サービスを導入した。国内のダイレクト型損害保険会社では初めての導入となる(※1)。
近年、台風等の大規模災害が多発している中で、SBI損保はいかなる状況でもお客さまからの事故連絡を迅速に受け付ける体制の構築を目指している。このたびのシステム導入により、大規模災害の発生直後等で一時的に事故受付の電話が集中した際にも、お客さまに不便をかけることなく、事故受付を行うことが可能になる。
お客さまがスマートフォンなどで火災保険の事故連絡をした際、お客さまはオペレーターでの対応に加え、「AI受電システム対応」を選択できるようになる。その場合、オペレーターに代わりAI受電システム上でロボットが自動音声で質問し、お客さまの回答を音声認識しテキストデータ化する。データ化された事故受付情報は、お客さまのスマートフォンなどにSMS(ショートメッセージサービス)として送信され(※2)、受信したURLから登録内容を確認し、情報の追加や修正を行うことができる。こうした一連の処理によりオペレーターを介さずに事故受付を完結させることが可能となるスキームである。
※1 2021年3月 SBI損保調べ
※2 最初にSMSの送信についての同意が必要

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、お客様専用WEBページ「共栄火災マイページ」で事故受付など新サービスを追加

損保

SBI損保、雹災害による車体損害の確認へ

損保

あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上、「au海外放題/世界データ定額専用海外旅行保険」を提供開始

損保

アイペット損保、ペットの名前ランキング2024を発表

生保

T&Dホールディングス、「Try&Discoverフォトコンテスト2024」開催

生保

第一フロンティア生命、お客さまへのアフターフォローの充実に向けた代理店向け時価残高照会サービスの開始

生保

明治安田生命、マイナンバーカードを活用した新たなお客さま向けサービスを開始

生保

住友生命、睡眠習慣改善サービスの開発に向けた株式会社ACCELStarsへ出資

生保

三井住友海上プライマリー生命、「小林研一郎指揮ハンガリー・ブダペスト交響楽団」に特別協賛

生保

大同生命、特別展示『大同生命の源流加島屋と広岡浅子』新企画展に新たな資料を追加~新紙幣の五千円札の肖像となる津田梅子と広岡浅子との関わりを紹介

関連商品