シンニチ保険WEB

SOMPOケア、「ACP(アドバンス・ケア・プランニング-人生会議-)」に関する調査結果を発表

SOMPOケアは、同社オリジナルのエンディングノート『夢結いのーと』および啓発冊子『人生会議なるほどブック』の制作に合わせて、「ACP(アドバンス・ケア・プランニング)-人生会議-」(以下、「人生会議」)に関する調査を、40歳以上の男女973名を対象に実施した。その調査結果を発表した。。
●調査結果のポイント
(1)両親が持っている老後の希望等について、子世代が聞いておきたいと思っていることが、実際には聞けていない。
受けたい・受けたくない医療について、約30%の人が聞いておきたいと回答したが、実際に聞いている人は半分の約15%だった。葬儀やお墓のこと、受けたい・受けたくない医療や介護のことなど、死や悲しみを連想されるような内容は、聞いておきたいけれど聞くことができていないという実態があることがわかった。
(2)自身が人生の最終段階を迎えた時の過ごし方等の希望を、誰にも伝えていない理由として、70歳以上の約20%が「家族など身近な人に判断をゆだねたい」、約13%が「自身の考えは家族に伝わっていると思う」と回答した。
また、約26%が「年齢的に、まだ早いと思うから」、約37%が「考えがまとまっていないから」と回答。普段、”もしもの時”を意識することがほとんどないということが伺える。
(3)「”人生会議”を知っているか」という質問に対して、「言葉を聞いたことはあるが、内容はよくわからない」「聞いたことがない」を合わせて、約85%の人が「知らない」と回答。
また、「どのようなきっかけがあれば人生会議についてもっと話しやすくなると思うか」という質問には、約30%が「本人から話を切り出すのが良い」、約25%が「エンディングノート(終活ノート)などの専用のノートがもっと身近になると良い」と回答した。
2.調査概要
■調査期間:2020年11月9日(月)から11月16日(月)
■調査方法:インターネット(パソコン、携帯電話モバイルサイト)
■調査対象者:全国の40代以上の男女
■有効回答数:973人

関連記事(保険業界ニュース)

損保

アニコム損保、『人気犬種ランキング2022』を発表

生保

アフラック生命、新型コロナウイルス感染症拡大が及ぼしたがん患者への影響調査の結果を公表

損保

損保ジャパン、火災保険見積機能におけるお客さま体験(ユーザーエクスペリエンス)向上の取組みを実施

損保

損保ジャパン、理化学研究所を「自動車事故リスク予測AIモデル」を開発

損保

あいおいニッセイ同和損保、スマートウオッチ×損保「建設現場安全みまもりプラン」を提供

生保

第一生命、QOL向上サイト「ミラシル」の提供開始

生保

富国生命、自動引受査定を導入

生保

日本生命、インターネットアンケート「2021年の振り返りと新年への期待」実施

生保

カーディフ生命、がん団信の引受条件を緩和

生保

第一生命、住信SBIネット銀行が提供する「NEOBANK(R)(ネオバンク)」サービスの利用活用を決定

関連商品