シンニチ保険WEB

楽天損保、自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト」の契約件数が15万件を突破

楽天損保は、2021年1月に自転車ユーザー向け傷害総合保険「サイクルアシスト(傷害総合保険)」の契約件数が15万件を突破した。
自転車は、小さなお子さまから高齢者まで多くの方が利用しており、加えて新型コロナウイルスの影響により“3密”を回避できる自転車通勤が注目され、利用者数が増加している。一方で、高額化する賠償事例を背景に、2015年10月に兵庫県が全国で初めて自転車保険の加入義務化に踏み切ったことを皮切りに、全国的に義務化の取組みが広がっている。この広がりは、都道府県にとどまらず、市町村単位での積極的な取組みも見られ、自転車事故に備える自転車保険の重要性もさらに高まっている。
このような背景から、楽天損保の「サイクルアシスト(傷害総合保険)」は2018年10月に販売を開始して以降、順調に契約件数を増やし、2021年1月に契約件数15万件を突破した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dフィナンシャル生命、『家計にやさしい終身医療』のインターネット申込の取扱いを開始

損保その他

東京海上日動、東京海上ディーアール、「太陽光発電向けM&A発電向けM&Aパッケージプラン」の提供開始パッケージプラン」を提供開始

損保

損保ジャパン、報酬トラブル弁護士費用保険『フリーガル』を一般会員に自動付帯

SOMPOひまわり生命、『健康をサポートするがん保険 勇気のお守り』を発売

生保

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択生存保障重視型個人年金保険(指数連動型)『みのり 10年』を発売

生保

住友生命、「5年つみたて終身保険」の発売

損保

あいおいニッセイ同和損保、社会保険労務士法人アウルスおよびマーブルと労務リスクに特化した商品付帯型表明保証保険(買主用)の提供を開始

損保

東京海上日動と三菱UFJ銀行が新たな保険商品・サービスを共同で開発へ

損保

東京海上日動、【業界初】太陽光発電事業者向けの新たな保険制度を創設

生保

イオン・アリアンツ生命、イオン住宅ローンサービスの提供する住宅ローン向けに団体信用生命保険の提供を開始

関連商品