シンニチ保険WEB

三井住友海上、宇宙関連業界ベンチャー企業を支援する「宇宙フロンティアファンド」に出資

三井住友海上は、スパークス・グループ株式会社(以下「スパークス」)子会社のスパークス・イノベーション・フォー・フューチャー株式会社(以下「SIF」)が設立した投資ファンドである「宇宙フロンティアファンド」へ出資した。
三井住友海上は宇宙開発に関わる人材・技術の支援を通して、イノベーションの進展に貢献していく。
1.背景
世界各国で宇宙産業は活発化しており、日本政府も新たな宇宙基本計画を策定、国内宇宙産業全体の市場規模を現在の約1.2兆円から2030年代早期に倍増させる目標を掲げており、宇宙産業を取り巻く環境は大きく拡大することが予想される。
宇宙フロンティアファンドが掲げる「宇宙産業マーケットの創出・成長支援へ貢献」、「チーム・ジャパンによる優良宇宙企業の成長支援」といったファンドの基本コンセプトは、人類の将来に大きく関係する宇宙産業の成長拡大へ貢献することに加え、同社が掲げるレジリエントでサステナブルな社会の実現を目指すSDGsの理念にも合致していることから、同ファンドへ出資を行うことを決定した。
2.今後の取組
今回の出資を通じ、ベンチャー企業やスタートアップ企業等による宇宙産業マーケットへの新規参入を支援するとともに、国内の宇宙産業の成長を加速させ、同業界のさらなる発展に貢献する。
また長年にわたり宇宙におけるさまざまなリスクを補償する保険商品を提供してきた損害保険会社として、宇宙産業マーケットでチャレンジするお客さまに対し、適切な保険商品・サービスを提供し、安心・安全を届けられるよう努めていく。
<参考>宇宙フロンティアファンドの概要
名称:宇宙フロンティア投資事業有限責任組合
基本理念:未来社会に向けた成長を牽引しうる技術を有する事業を対象に出資を通じた育成をはかり、イノベーションの加速に貢献
投資先:宇宙空間の活用の実現に資する技術を有するベンチャー企業・プロジェクト等
出資者:
無限責任組合員:スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー株式会社
有限責任組合員:トヨタ自動車株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社みずほ銀行 等

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、米国ITMO社を買収

損保

三井住友海上、「全日本選抜柔道体重別選手権大会」で舟久保遥香選手、髙山莉加選手が優勝

損保

三井住友海上、フィリップス UV-Cシリーズ業務用4製品を新発売

損保

三井住友海上、セブン‐イレブンの社用車に『F-ドラ』『FOUR SAFETY』を導入

損保

三井住友海上、地方創生に資する金融機関等の「特徴的な取組事例」として大臣表彰を受賞

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、新たなサイバーセキュリティソリューションの提供に向けた協業を開始

損保

三井住友海上、新商品シリーズ「DX valueシリーズ」を展開

損保

三井住友海上ならびにジョルダン、ビルトイン型保険(国内旅行傷害保険)の販売開始

損保

三井住友海上、安心・安全なまちづくりの実現に向けた業務提携を締結

損保

三井住友海、Synamonとの協業によるVRを活用した自動車損害調査研修メニューを開発

関連商品