新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

東京海上日動、ミライロと資本業務提携

東京海上日動は、ミライロと資本業務提携したことを発表した。
近年、多様な人材・価値観を受容する共生社会作りなど、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)領域に対する社会的な認識が高まっている。
同社グループでは、国内外で働く約4万人のグループ社員が、性別、年齢、国籍、障がいの有無等にかかわらず、自らの能力を最大限発揮し、活躍できる世界規模での D&I を推進していくことをダイバーシティポリシーで掲げている。また、すべての人々の社会的、経済的な包含を促進するため、共生社会をめざして、高齢者、盲ろう者、障がい者アスリート等を支援する活動を、世界各地の社員が主体的に取り組んでいる。
同社は、「お客様や地域社会の“いざ”をお守りする」という同社パーパス(存在意義)の実現に向けて、D&I 領域における社会課題解決を図るとともに、障がい者等の Quality of Life の向上に貢献し、誰もが安心・安全・快適に暮らし、多様な自己実現ができる共生社会作りをめざしている。
ミライロは、「バリア(障がい)をバリュー(価値)に変える(バリアバリュー)」を企業理念として掲げ、様々なユニバーサルデザインに関するサービスを事業として展開している。具体的には、障がい者等が抱える「意識の壁」「環境の壁」「情報の壁」をそれぞれ解消するために、ミライロ ID(電子障がい者手帳)、ユニバーサルマナー研修・検定、ミライロ・コネクト(遠隔手話通訳サービス等)、ミライロ・アーキテクチャー(設計・改修時のユニバーサルデザイン監修)等といった多様なユニバーサルデザインに関するソリューションを提供している。
今般、同社は D&I 領域における新たなイノベーションを一層進めるために、障がい者等の生活支援に高度な知見・ノウハウ、サービス、ネットワークを有するミライロとの資本業務提携を締結した。
◆具体的な取組み】
・安心・安全に暮らせる災害に強いレジリエントな街づくりを実現するための防災・減災サービス
・いきいきと健康的に働き自己実現できるサステナブルな社会を実現するための企業向けサービス
・バリアフリーに移動し自己実現可能な社会の実現をめざした移動・モビリティサービス
・障がい者の知見を集めたデータ等を活用した企業向けのコンサルティングサービス
・デジタルプラットフォームを通じた保険商品の提供等

関連記事(保険業界ニュース)

損保

東京海上日動、保険代理店を通じたビジネスマッチング事業を本格展開

損保

東京海上グループ、富士通とお客様のレジリエントなサプライチェーンの構築を目指して協業しサプライチェーンリスク可視化サービスを提供開始

生保

日本生命、学研グループが運営するサービス付き高齢者向け住宅を保有する私募ファンド(「ココファンド」)の第4号案件を実行

損保

東京海上日動、グローバル企業向けリスクマネジメント・デジタルプラットフォーム“TM StationPortal”の提供開始

損保

東京海上ホールディングス、公正取引委員会による東京海上日動への立入検査でコメントを発表

生保

日本生命、ニッセイ・ウェルス生命へ出資

生保

日本生命、スタンフォード大学医学部との先進AIモデル開発に関する共同研究の開始

損保

東京海上日動、代理店への情報漏えいで対象提携代理店の範囲が拡大

生保

太陽生命、太陽生命少子高齢社会研究所、認知症問題の課題解決に向けた新たなサービスの共同開発・推進を合意

生保

日本生命、はなさく生命への出資を完了

関連商品