シンニチ保険WEB

三井住友海上、「GlobalInsuranceAwards2020」においてBESTGENERALINSURANCECOMPANY,JAPAN(日本最優秀損害保険会社)を受賞

三井住友海上は、今般、WORLDFINANCE※1が主催する「GlobalInsuranceAwards2020」において「BESTGENERALINSURANCECOMPANY,JAPAN(日本最優秀損害保険会社)」を受賞した。
同社は、持続的成長の実現に向け、お客さま体験価値や業務生産性の向上に資するDX(デジタルトランスフォーメーション)をグローバルベースで推進している。今後も、こうした取組を一層加速し、先進デジタル技術を活用した商品・サービスの開発をグローバルで展開していく。
※1:WORLDFINANCEは2004年に創刊した季刊の英経済誌・オンラインメディアで主に欧州、米州で発行されている。
1.「GlobalInsuranceAwards2020」の概要
同賞は2008年に創設され、世界の保険業界において革新的な取組を実施する企業を表彰している。今回は日本も含め世界から69の応募があった。
2.同社の受賞内容について
(1)全体像
同社はDX(デジタルトランスフォーメーション)・DI(デジタルイノベーション)・DG(デジタルグローバリゼーション)の3つの柱を軸にデジタライゼーションを推進しており、DXの領域において「MS1Brain※2」を開発し、お客さまに新しい体験価値を提供するために、国内約4万代理店の営業モデルを変革している。
※2:2019年11月1日(ニュースリリース)AIを活用した新たな代理店システム「MS1Brain」を開発
https://www.ms-ins.com/news/fy2019/pdf/1101_2.pdf
(2)評価された点
保険業界が急速に変化しつづける中、同社のデジタライゼーションが世界的に見て革新の先端に位置し、「MS1Brain」の活用を通じて提供している体験価値がお客さま起点である点が評価された。また、損害保険会社のビジネスモデルにデータ分析が果たす役割の変化という観点で業界をリードする知見とお客さまに対する深い理解が備わっていると評価された。
3.英経済誌「WORLDFINANCE」について
英国のWorldNewsMedia社が発行する経済界のオピニオンリーダーに焦点を当てた季刊経済誌・オンラインメディアである。主に欧州(西欧、東中欧)、米州(北米、南米)で発行されている。今回、約12万人の読者を持つ同誌にて、同社事例が掲載された。同社Webサイト※3にも掲載される。
※3:WORLDFINANCEのWebサイトhttps://www.worldfinance.com/
<参考:同社事例>
「Twobrainsarebetterthanone(1つのBrainよりも2つのBrain)」と題され、人とAI(デジタル)の融合の先進事例として紹介された。
・WorldFinanceWinter2021(Web雑誌)https://www.worldfinance.com/magazine

関連記事(保険業界ニュース)

損保

MS&ADホールディングス、「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」金融サービス部門銅賞を受賞

損保

三井住友海上、「MS1BrAInリモート」の提供を開始

生保

朝日生命、「ウーマンエンパワーアワード2020」従業員1,000名以上の部大賞受賞

損保

三井住友海上、ドラレコ型AI事故状況説明システム「AI’s(アイズ)」に新機能を追加

損保

あいおいニッセイ同和損保、女性活躍推進法に基づく優良企業認定「えるぼし」の2段階目を取得

生保

太陽生命、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」、東京都より「東京都スポーツ推進企業」に認定

損保

東京海上日動、「損害サービス・デジタル戦略」の取組が、第3回日本オープンイノベーション大賞日本経済団体連合会会長賞を受賞

損保

三井住友海上、宇宙関連業界ベンチャー企業を支援する「宇宙フロンティアファンド」に出資

損保

三井ダイレクト損保、HDI「五つ星認証」を3年連続取得

生保

住友生命、「ソーシャルプロダクツ・アワード2021」にて「審査員特別賞」を受賞

関連商品