シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペット共生型賃貸集合住宅を開発

アイペット損保は、ペットと安心して暮らせる賃貸集合住宅の供給が不足している*1という課題に取り組むため、独自に土地を取得し、ペット共生型賃貸マンション*2の建設に着手した。
現在計画している物件は下記の通りである。
[高尾プロジェクト]
竣工:2021年6月予定
アクセス:JR中央線・京王線高尾駅徒歩6分
[吉祥寺プロジェクト]
竣工:2021年度内予定
アクセス:JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅バス12分
高尾プロジェクトは、ペットと暮らす家を多く手掛けている前田敦一級建築士を招請し、ペットとのより快適な暮らしを支援する賃貸マンションを企画している。
*1 1都3県の新築賃貸集合住宅のうち、約20%がペットを飼育してもいい「ペット可」賃貸マンション、そのうちの約70%が単身世帯向け(同社調べ)
*2 ペットと共に暮らすことを前提とした「ペット共生型」賃貸マンション
同社はこれまで、専門家監修による犬・猫情報サイトや、犬・猫の病気や事故を未然に防ぐための対策を紹介する専門情報コンテンツ「うちの子HAPPYPROJECT」の運営、うちの子HAPPYマラソンなどのイベント開催を通して、飼い主とペットの暮らしをサポートしてきた。
本プロジェクトは、同社が培ってきたこうした知識やノウハウを集結し、従来のペット可賃貸マンションとは異なる、ペットと共に暮らすことを前提とした「ペット共生型」賃貸マンションの普及を促進する。具体的には、ペットとの暮らしに配慮した間取り、ペットが立ち入れないキッチン、リビング内のペットスペース、ペットに配慮した階段・スロープ、専用ドッグランや足洗い場などの共用設備に加え、同社の多様な提携サービス等の提供により、ペットを飼育する人の暮らしを支援する。また、ペットを飼育しない人も快適に暮らせるよう、マナー啓発等により適切な飼育状況の維持に努め、ペットが地域のかすがいとなるような住環境づくりを目指す。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、日本初、毎日の健康活動をサポートするアプリ「リンククロススコア」提供を開始

生保

アフラック生命、「『がん患者本位のエンゲージメント』を目指して」を発行

損保

損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、自動車事故における自動事故判定に関するAI技術を開発

損保

アイペット損保、「2021お年玉プレゼントキャンペーン」を実施

生保

PGF生命、契約者・登録家族のための「PGF生命マイページ」を開設

生保

PGF生命、「保険契約の失効取消に関する特則」を新設

損保

三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」にAIを活用した新アラート機能を追加

損保

あいおいニッセイ同和損保、【業界初】保険連動対応バイク用ドライブレコーダーを提供開始

損保

セゾン自動車火災、スマホ決済アプリでの保険料の支払いを可能に

損保

エイチ・エス損保、「GoToトラベル」一時停止に伴う国内旅行総合保険の取消を発表

関連商品