シンニチ保険WEB

セゾン自動車火災、頻発する自然災害で高まる防災意識と、災害時における自動車の利用に関する調査を実施

セゾン自動車火災は、「防災に関する意識調査と、災害時における自動車の利用」について調査を実施した。
あわせて、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、クローズドな空間とプライバシーの確保ができる自動車、なかでも避難対策の一つとなりうる車中泊について、地域防災に詳しいコンサルタントの意見を伺った。
【調査対象】
*調査時期:2020年8月
*調査方法:インターネット調査
*調査対象:自家用車を所有している40代、50代の男性800名(全国)
【主な調査結果】
1.居住地における自然災害の危険性の高まりを感じている人は約5割
居住地における自然災害の危険性について「高まっている」「やや高まっている」と回答した人が全体の半数以上に。特に、被災経験者については、約8割の人が「高まっている」「やや高まっている」と回答。
2.十分な防災準備ができていると思う人は、たった3割程度
懐中電灯をはじめ、乾電池や充電器、非常用の食料や飲料水などを中心に、8割以上の人が何かしらの準備をしているが、現状の準備で「十分」または「まあまあ十分」と答えた人は3割ほどで、7割の人が災害への備えが足りていないと自覚している結果に。
3.車中泊経験者の6割が「屋内避難を選びたい」。その理由は…?
実際に車中泊避難を経験したことがある人にフォーカスすると、約6割が「屋内避難を選びたい」と回答。事前の準備不足からくる、車中泊の過ごしにくさが要因と考えられる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、おとなの自動車保険新規インターネット割引を13,000円に拡大

損保

損保ジャパン、栃木県那須郡那須町と防災協定を締結

損保

SOMPOホールディングス、「認知症に関する意識調査」を実施

損保

セゾン自動車火災、JICAジェンダーボンド(ソーシャルボンド)に投資

生保

メットライフ生命、「老後を変える」全国47都道府県大調査2021を実施

共済

こくみん共済 coop〈全労済〉、こどもエコクラブとの共創による防災・減災プログラム「おうちで Bosai×Eco CAMP」実施

損保

東京海上日動・東京海上ディーアール・NTT ComがSmart City領域で協業開始

生保

エヌエヌ生命、第7回新型コロナウイルスによる中小企業の資金需要に関する調査を実施

損保

チューリッヒ保険、全国のドライバーに「2021年あおり運転実態調査」を実施

損保

セゾン自動車火災、マイページログイン画面への「reCAPTCHA」を導入

関連商品