シンニチ保険WEB

セゾン自動車火災、頻発する自然災害で高まる防災意識と、災害時における自動車の利用に関する調査を実施

セゾン自動車火災は、「防災に関する意識調査と、災害時における自動車の利用」について調査を実施した。
あわせて、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、クローズドな空間とプライバシーの確保ができる自動車、なかでも避難対策の一つとなりうる車中泊について、地域防災に詳しいコンサルタントの意見を伺った。
【調査対象】
*調査時期:2020年8月
*調査方法:インターネット調査
*調査対象:自家用車を所有している40代、50代の男性800名(全国)
【主な調査結果】
1.居住地における自然災害の危険性の高まりを感じている人は約5割
居住地における自然災害の危険性について「高まっている」「やや高まっている」と回答した人が全体の半数以上に。特に、被災経験者については、約8割の人が「高まっている」「やや高まっている」と回答。
2.十分な防災準備ができていると思う人は、たった3割程度
懐中電灯をはじめ、乾電池や充電器、非常用の食料や飲料水などを中心に、8割以上の人が何かしらの準備をしているが、現状の準備で「十分」または「まあまあ十分」と答えた人は3割ほどで、7割の人が災害への備えが足りていないと自覚している結果に。
3.車中泊経験者の6割が「屋内避難を選びたい」。その理由は…?
実際に車中泊避難を経験したことがある人にフォーカスすると、約6割が「屋内避難を選びたい」と回答。事前の準備不足からくる、車中泊の過ごしにくさが要因と考えられる。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

セゾン自動車火災、LINE上で保険証券を一括管理できる『ほけんnote』をリリース

生保

ライフネット生命、成年年齢引き下げに関する調査を実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、防災・減災プラットフォーム「cmap」にWheeLogのバリアフリー情報を追加

生保

住友生命、「仕事と妊活・不妊治療の両立に関するアンケート」を実施

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、先進気象データを活用した防災・減災サービスの共同開発を開始

損保

au損保、自転車保険加入率を調査

損保協会・団体

損保協会、2022年度全国統一防火標語は「お出かけは マスク戸締り 火の用心」

損保

セゾン自動車火災、「健康経営優良法人 2022」に認定

生保

エヌエヌ生命、全国の男性中小企業経営者と妻の「ホワイトデー」意識を調査

損保

セゾン自動車火災、夫婦間・家族間における、お金の管理に関する調査を実施

関連商品