シンニチ保険WEB

損保協会北海道支部、スノーダクトの凍結による漏水事故防止啓発チラシを作成

損保協会北海道支部は、北海道内でスノーダクト凍結による水濡れ事故が発生していることを受け、事故防止を呼びかける啓発チラシを作成した。
スノーダクトとは、屋根に積もった雪が融けた際の水を排出するための溝のことで、無落雪屋根の代表的な形式である。このスノーダクト内に落ち葉やゴミ等が詰まっていると、融雪水がスムーズに排水されずにスノーダクトから溢れ、建物の内部や家財などに水濡れ損害を与えることがある。当支部で調査したところ、過去には1回の事故で損害額が数百万円に上ったケースもあった。このような状況を踏まえ、本チラシは、スノーダクトの凍結による漏水防止に向け、本格的な積雪時期の前に屋根の点検や掃除を行うよう呼びかける内容としている。また、落雪屋根の場合には、雪止めフェンスや注意看板の設置、こまめな除雪を行い、落雪時にケガや事故が起こらないよう呼びかけている。
本啓発活動は、北海道内の住宅メーカーとも連携し、住宅メーカーを通じて住宅所有者に向けて注意喚起するほか、損害保険会社・代理店からも契約者等に本チラシを利用して呼びかけを行うこととしている。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、令和4年福島県沖を震源とする地震に係る地震保険の事故受付件数(2022年3月31日現在)を発表

損保

あいおいニッセイ同和損保、防災・減災プラットフォーム「cmap」にWheeLogのバリアフリー情報を追加

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、MS&ADインターリスク総研、先進気象データを活用した防災・減災サービスの共同開発を開始

損保協会・団体

損保協会、2022年度全国統一防火標語は「お出かけは マスク戸締り 火の用心」

協会・団体損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

損保協会、「第23回自動車盗難事故実態調査結果」を発表

損保協会・団体

損保協会、伊藤沙莉さんを起用した自賠責保険の新WEB CMを公開

損保

損保協会、2022年度自賠責運用益拠出事業17.8億円を決定

損保協会・団体

損保協会・舩曵真一郎会長「2022年 年頭所感」

協会・団体損保

損保協会、英文ファクトブックを作成

関連商品