シンニチ保険WEB

SBI損保、自動車保険の契約者向けスマートフォンアプリ「SBI損保契約者アプリ」および「SBI損保安全運転プログラム」のサービスを開始

SBI損保は、自動車保険の契約者向けスマートフォンアプリ「SBI損保契約者アプリ」および「SBI損保安全運転プログラム」を2020年10月13日にリリースした。
①SBI損保契約者アプリ
SBI損保が提供する契約者専用の無料アプリである。契約中の保険契約の内容をいつでも確認できる「契約内容照会」のほか、トラブル発生時には「事故のご連絡」や「ロードサービスの手配」をアプリ上で行うことができるなど、もしもの時にも安心・便利な機能を利用できる。また、事故対応の経過情報や、ロードサービスの手配状況などをアプリを通じて確認することが可能である。
②SBI損保安全運転プログラム
「SBI損保契約者アプリ」をダウンロードし、諸条件を満たしたお客さまは、「SBI損保安全運転プログラム」に参加することができる。「SBI損保安全運転プログラム」専用のデバイス(プログラム内呼称:「安全運転プラグ」)と「SBI損保契約者アプリ」をBluetoothで接続させることにより、急ブレーキ、急ハンドル、急アクセルの回数をスコア化して平均値と比較できる「運転診断機能」、事故や大きな衝撃を検知した場合に自動でトラブル画面が展開され、ワンタッチで事故通報やロードサービスの手配を行うことができる「衝撃検知機能」など、お客さまの安心安全のカーライフをサポートするプログラムである。
運転挙動の取得には、ボッシュ株式会社が販売するテレマティクスプラグ(プログラム内呼称:安全運転プラグ)を国内の保険会社で初めて導入し、3軸の加速度センサーにより、ブレーキ、加減速、ハンドル操作といった運転行動データに加え、衝突事故を検知する。
(※)安全運転プラグはSBI損保契約者アプリなどから申込む必要がある。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「リモートプロフェッショナルチーム」を組成

損保

SBI損保、2021年3月期第2四半期の主要業績を発表

生保

SBI生命、保険料決済で「au PAY」に対応

損保

三井住友海上、「あおり運転の疑い」検知機能の提供開始

損保

東京海上日動、自動運転中事故での保険料負担を軽減する取扱いを実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、外国語に対応した募集ツールの提供種目を拡大

生保

アクサ生命、『Emmabyアクサ』で新たなデジタル体験を創出「脳トレ」オリジナルメニューも搭載

損保

三井住友海上とマクニカネットワークス、IoT機器向けリスク診断サービスに専用サイバー保険を一体で提供

損保

SBI損保、2020年「HDI格付けベンチマーク」問合せ窓口・Webサポートにおいて3年連続三つ星を獲得

損保

アイペット損保、ペット共生型賃貸集合住宅を開発

関連商品