シンニチ保険WEB

大同火災、「保険料スマホ決済サービス」を開始

大同火災では、お客さまのスマートフォン上で保険料の支払いができる「保険料スマホ決済サービス」を開発した。10月より本サービスの提供を開始する。本サービス利用で自身のスマートフォンを用いた本人認証によるスピード決済が可能となる。
◆スマホ決済サービスの概要
お客さまは、自身のスマートフォンで同社が提示するQRコードを読み取り、決済専用サイトにアクセスする。同社が用意したラインナップの中から希望の決済サービスを選択し、保険料を支払う。サービス開始時点における決済サービスのラインナップは以下のとおりである。
クレジットカード:VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、DISCOVER
その他キャッシュレス決済:LINE Pay、PayPay、楽天ペイ(12月初旬サービス開始予定)
※決済サービスのラインナップは、決済市場の動向等を踏まえ、随時追加・変更していく予定

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、「リモートプロフェッショナルチーム」を組成

生保

SBI生命、保険料決済で「au PAY」に対応

損保

大同火災、「沖縄ベンチャーフレンドリー宣言」へ参画

損保

三井住友海上、「あおり運転の疑い」検知機能の提供開始

損保

東京海上日動、自動運転中事故での保険料負担を軽減する取扱いを実施

損保

あいおいニッセイ同和損保、外国語に対応した募集ツールの提供種目を拡大

生保

アクサ生命、『Emmabyアクサ』で新たなデジタル体験を創出「脳トレ」オリジナルメニューも搭載

損保

三井住友海上とマクニカネットワークス、IoT機器向けリスク診断サービスに専用サイバー保険を一体で提供

損保

大同火災、2019年度お客さまの声改善事例を公表

損保

アイペット損保、ペット共生型賃貸集合住宅を開発

関連商品