シンニチ保険WEB

東京海上日動、eスポーツ包括保険の販売を開始

東京海上日動は、2020年9月より、eスポーツイベントの主催者が抱えるリスクを包括的に補償するパッケージ保険(以下、「eスポーツ包括保険」)の販売を開始する。同社は、本保険の販売を通じて、eスポーツの普及・発展に貢献していく。
1.背景
国内eスポーツの市場は、2019年の約60億円(※1)から、2025年には約700億円への拡大(※2)が見込まれ、様々な企業が主催者あるいはスポンサー等として市場に参入しており、非常に注目されている。
今後5G(※3)の普及もあり、市場が拡大していく中で、特にサイバー攻撃の標的となる機会の増加が想定されている。また、eスポーツでは、開催会場を設営し人が集まることによるリスクと、ネットワークを活用してバーチャルな空間を利用することによるリスクの両面があり、その双方への対応が求められている。
これらを踏まえ、同社は、eスポーツイベント主催者の抱える多様なリスクに対して、漏れなく必要な補償を提供できるよう、eスポーツ包括保険を開発した。
(※1)KADOKAWAGameLinkage調査結果より
(※2)経済産業省「eスポーツを活性化させるための方策に関する検討会」報告書より
(※3)高速・大容量・低遅延の通信が可能な第5世代移動通信システム
2.商品概要
eスポーツ包括保険では、次のリスクに対応する補償から必要な補償を選択することが可能である。
【リスク・想定される事故例】
賠償責任リスク
・会場の設営ミスにより、イベント参加者や選手に大会中にケガを負わせた。
・第三者からイベント用に借用していた施設や設備を損壊した。
サイバーリスク
・サイバー攻撃により、参加者の個人情報や参加企業の情報を漏えいした。
・プログラムやデータ等の許諾範囲を超えてネットワーク上で公開し、他人の著作権を侵害した。
イベント中止リスク
・大型台風の接近に伴い、eスポーツイベントが中止となった。
・eスポーツイベント会場で火災が発生したことによりイベントが中止になった(※)。
(※)ただし、被保険者が常時所有、使用または管理する施設の滅失、損傷または汚損は除く。
3.今後について
eスポーツ包括保険の他、スポンサーやプロスポーツ運営団体向けに、eスポーツ選手が事故で負傷した際の不稼働リスクへの対応も検討していく。
同社は、今後もeスポーツに関する保険の開発と提供を通じて、eスポーツ市場の発展に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、『アクサの「一生保障」の医療保険スマート・ケア《正式名称:医療治療保険(無解約払いもどし金型)》』を改定

生保

ニッセイ・ウェルス生命、富山銀行を通じ、『はじめての介護』『悠々時間アドバンス2』を販売開始

生保

朝日生命、「引受基準緩和型通院保障特約」「引受基準緩和型手術サポート特約」の発売を開始

損保

共栄火災、「しんくみホッとプラン」に弁護士費用補償付きプランを新設

生保

はなさく生命、医療終身保険「はなさく医療」等バージョンアップ

損保

MS&ADホールディングス、大学スポーツ協会と連携し国内初の保険制度『スポーツセーフティネット』を導入

損保

三井住友海上、「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」に新たな割引制度を導入

損保

共栄火災、業務災害補償保険をリニューアル

損保

損保ジャパン、製造業のIoT導入促進に向けた共創を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、宮崎銀行にて無配当外国為替連動型終身保険(積立利率更改・通貨選択Ⅴ型)の販売を開始