シンニチ保険WEB

MS&ADインターリスク総研、「感染症+自然災害」 複合災害対応に関する企業向けコンサルティングを開始

MS&ADインターリスク総研は、新型コロナウイルスなどの感染症まん延期に地震や水害などの自然災害が発生した場合における企業の対応に関するコンサルティングサービスを開始する。
新型コロナウイルスなどの感染症の拡大局面で自然災害が発生した場合、すでに感染拡大防止対策として一部業務の縮小やテレワーク体制を実施しているため、円滑な初動対応や復旧対応ができない可能性がある。また、感染拡大防止対策を講じながらの災害対応はマスク・消毒液などの衛生資材の準備や対策本部・避難場所のソーシャルディスタンスなど、再検討しなければいけない課題が数多く存在する。
しかし、企業における一般的な災害対応マニュアルやBCP(事業継続計画)では地震や水害など単一の災害を想定して策定されていることが多く、感染症拡大期に災害が発生することを想定した内容になっていないことが一般的である。
MS&ADインターリスク総研では現状の災害対応マニュアルやBCPを感染症拡大期に発生する複合災害にも対応できるよう内容の見直しや新規策定の支援を行うサービスを開始した。
●本サービスの主な内容
1.チェックリストに基づく簡易アドバイス
既に策定済みの災害対応マニュアルやBCPについて、感染症発生期にも対応できるように専用のチェックリストに基づいて、見直しのポイントや改善事項をアドバイス
2.各種マニュアル策定支援
・災害対応マニュアルやBCPを策定されていないお客さまに対して、新たに複合災害型での見直し・策定を支援
3.各種訓練実施支援
見直し・策定したマニュアルやBCPに基づいた図上演習や実動訓練などを複合災害の観点も織り込みサポート

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井ダイレクト損保、「手話通訳サービス」を開始

生保

大樹生命、手話通訳リレーサービスの提供開始

損保

アイペット損保、うちの子HAPPY PROJECT第7弾『ハッピーシニアライフへの備え』公開

損保

アニコム損保、獣医師・気象予報士が犬のために開発した「犬の熱中症週間予報」配信開始

生保

アクサ生命、電子本人確認の導入によりリモートセールスのサービスを拡充

損保

MS&ADインターリスク総研、「防検サイバー」がサイバーセキュリティお助け隊サービスとして登録

損保

共栄火災、保険証券用封筒の一部に音声コードを導入

生保

大同生命、中小企業向け「標的型攻撃メール対応訓練サービス」の提供開始

損保

損保ジャパン、「QRC(Quick Risk Check)サービス」の提供開始

損保

三井住友海上、セブン‐イレブンの社用車に『F-ドラ』『FOUR SAFETY』を導入

関連商品