シンニチ保険WEB

日新火災、自動車保険『ユーサイド』を改定

日新火災は、自動車保険『ユーサイド』につき、2021年1月1日以降始期契約を対象として以下の改定を実施する。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大とそれに伴う社会活動の制限により、精神的・経済的なダメージを受けているお客さまの一日も早い回復を祈念しつつ、引き続き、お客さまに安心・安全を届けていく。
1.新サービス「ドライビングサポート24プラス」の運用開始
パイオニア株式会社と業務提携を行い、テレマティクス技術を活用した新サービス「ドライビングサポート24プラス」の運用を開始する。本サービスを通じてお客さまのカーライフに、より一層の安心・安全を届ける。
(1)主なサービス内容
・平常時
リアルタイムでの危険運転警告(片寄り走行警告、前方車両接近警告等)を行うことで安全運転をサポートする。
・事故直後
強い衝撃を検知した場合、事故受付センターに自動で連絡が行われ(自動発報)、ドライブレコ―ダ―を通じて通話を行うことができる。これにより、オペレーターがドライバーに呼びかけ、状況に応じたアドバイスや救急手配等を行うことで、ドライバーの安全確保と迅速な事故通知をサポートする。
・事故対応時
事故映像を同社に自動送信し、事故受付、事故対応担当者によるお客さま対応、事故の相手方との示談交渉をより円滑に行う。
(2)サービス対象、特約保険料
「ドライブレコーダーによる事故発生の通知等に関する特約」を付帯したお客さまにドライブレコーダーを貸与し、サービスを提供する。
本特約の保険料は自動車1台当たり月額650円です(保険期間1年、分割払の場合)。
2.主な補償の改定
同社の特徴的な商品の以下の補償改定を実施する。
(1)対物賠償事故の際に円満な解決に貢献している対物超過修理費用補償の支払対象を自動車以外の財物にまで拡大するとともに、支払限度額を従来の50万円から100万円に引き上げる。
(2)車両危険限定補償特約(エコノミー)の補償範囲に動物との接触・衝突による損害を補償対象に追加する。
3.保険料の改定
ASV技術の普及等に伴う交通事故の減少を主因として保険金支払が減少傾向にあることを受け、2021年1月始期契約以降の自動車保険『ユーサイド』の保険料水準を平均約1%引き下げる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アクサ生命、『アクサの「一生保障」の医療保険スマート・ケア《正式名称:医療治療保険(無解約払いもどし金型)》』を改定

生保

ニッセイ・ウェルス生命、富山銀行を通じ、『はじめての介護』『悠々時間アドバンス2』を販売開始

生保

朝日生命、「引受基準緩和型通院保障特約」「引受基準緩和型手術サポート特約」の発売を開始

損保

共栄火災、「しんくみホッとプラン」に弁護士費用補償付きプランを新設

生保

はなさく生命、医療終身保険「はなさく医療」等バージョンアップ

損保

東京海上日動、eスポーツ包括保険の販売を開始

損保

MS&ADホールディングス、大学スポーツ協会と連携し国内初の保険制度『スポーツセーフティネット』を導入

損保

三井住友海上、「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」に新たな割引制度を導入

損保

共栄火災、業務災害補償保険をリニューアル

損保

損保ジャパン、製造業のIoT導入促進に向けた共創を開始