シンニチ保険WEB

損保協会、災害時の保険金請求に関する情報発信を強化

損保協会は、日本最大級のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」および2,000万人以上の利用者数を擁するアプリ「Yahoo!防災速報」と連携して、「損害保険に関する受付窓口」のページを開設した。
ページはアプリ内の防災手帳(災害発生時に適切な行動ができるように、防災関連の情報をまとめた機能)に“災害時の知恵”として掲載しており、「各損害保険会社の連絡先」や「住宅修理業者とのトラブル注意喚起情報」等、保険金請求に関する情報を、PCやスマートフォンでも見ることができる。これまでも大きな災害が起こった場合、新聞広告やチラシ等の紙媒体で情報を掲載してきたがが、今回ポータルサイト上に情報が掲載されたことで、避難所等にいる人や、新型コロナウイルス禍であっても、より多くのお客さまに適切なタイミングで、必要な情報を届けることが可能となった。
なお、当協会では、災害救助法が適用された地域で、家屋等の損壊等により損害保険会社との保険契約に関する手掛かりを失ったお客さまに関する契約照会を受け付ける「自然災害等損保契約照会センター(フリーダイヤル 0120-501331)」を設置しており、本情報も専用ページに掲載している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、オリックス・エコサイクルが協業する「汚染土地活用サービス」を開始

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

損保

あいおいニッセイ同和損保、「パーソナライズド動画」サービスを開始

生保

はなさく生命、医療終身保険「はなさく医療」等バージョンアップ

生保

SBI生命、Amazon Echoに対応したお客さまへのサービスを開始

損保協会・団体

MS&ADインターリスク総研、「感染症+自然災害」 複合災害対応に関する企業向けコンサルティングを開始

損保

共栄火災、中小企業の安全対策を支援

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した火災保険の「契約内容の変更手続き」サービスを開始

損保協会・団体

損保協会、2019年度損害保険代理店統計を発表

損保

損保ジャパン、傷害保険のチャットボットによる事故対応サービス開始