新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SBI損保と飯能信用金庫、団体がん保険を導入することで合意

SBI損保と飯能信用金庫は、飯能信用金庫の口座保有者向けに、SBI損保の「団体がん保険(がん治療費用総合保険)」(以下「団体がん保険」)を導入することで合意した。
SBI損保は、「地方創生」への寄与を経営戦略として掲げるSBIグループの一員として「より多くのお客さまの生活に、より大きな安心をお届けするために」という経営理念を掲げながら、先進医療および自由診療の対象となるがん治療費も実額補償する(※)がん保険をリーズナブルな保険料で提供している。飯能信用金庫はそのSBI損保の理念や姿勢に共感し、今回の合意に至った。
団体がん保険の導入は2020年秋を予定しており、飯能信用金庫の口座を利用するお客さまにさらなる安心を提供する。
※公的保険診療の対象となるがん治療費の自己負担分に加えて支払うが、一部例外となる場合がある。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、凍結卵子専用保険の提供開始

損保

損保ジャパン、中小企業や個人事業主向けウェブ完結型保険商品の提供を開始

生保

日本生命・大樹生命、初の共同開発商品・平準払外貨建養老保険「ドリームツリー」発売

生保

T&Dフィナンシャル生命、変額終身保険(災害加算・Ⅰ型)「ハイブリッド おまかせ ライフ」を開発販売

生保

ライフネット生命 自治体のパートナーシップ証明書の提出でも同性のパートナーを死亡保険金の受取人に指定が可能に

損保

あいおいニッセイ同和損保、訪問看護事業者向けに自転車事故時の示談交渉費用を補償

生保

第一生命、ペアローン利用者の連生団体信用生命保険の取扱開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、三井住友銀行・SMBC日興証券を通じ、『賢者の終身保険』を販売開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

生保

PGF生命、北洋銀行で「そだてる年金US」を販売開始

関連商品