シンニチ保険WEB

東京海上日動、医師賠償責任保険・医療通訳サービス開始

東京海上日動は、医師賠償責任保険に契約・加入のお客様を対象に、メディフォンが運営する医療通訳サービスの提供を、7月より開始する。
 近年は外国人労働者の受入拡大に伴い、在留外国人数は7年連続で増加し、2019年6月末時点で282万人を超えている。全体で見ると大都市圏に多いものの、東京・愛知・大阪の三府県を除いた割合が6割強となっており、都市部の先進医療機関に限らず、地域の医療機関においても外国人患者の受入態勢整備が求められている。しかしながら、厚生労働省が全国の病院を対象に実施した調査(※)によると、医療通訳を配置する病院は約4.3%、電話通訳(遠隔通訳)を利用できる病院は約8.8%と、外国人患者の受入れに必要とされる多言語対応の態勢構築については、未だ整備途上にあるといえる。
 昨今の新型コロナウイルス感染症への対応においては、日々、多くの医療従事者の方が最前線で感染者の治療にあたられている。このような中で同社は、医療機関における外国人医療の環境整備を支援するため、メディフォンと提携し、医師賠償責任保険に契約・加入の医療機関を対象に、医療通訳サービスの提供を開始することとした。
 今後、世界経済が復調した暁には、外国人の訪日も緩やかに増えていくと考えられ、本サービスはより多くの場面でお役に立てるものと考えている。
 同社は、医療従事者の負担を少しでも軽減し、医療環境の向上に貢献できるよう、サービスの拡大と充実を図っていく。
(※)厚生労働省「医療機関における外国人患者の受入に係る実態調査」(令和元年8月)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、日本初、毎日の健康活動をサポートするアプリ「リンククロススコア」提供を開始

生保損保

東京海上日動あんしん生命、東京海上日動、オンライン医療相談サービス「MedicalNote医療相談」を再提供

生保

アフラック生命、「『がん患者本位のエンゲージメント』を目指して」を発行

損保

損保ジャパン、SOMPOリスクマネジメント、自動車事故における自動事故判定に関するAI技術を開発

損保

東京海上日動、社員の挑戦を支える「社外副業」に関する運用ルールを変更

生保

PGF生命、契約者・登録家族のための「PGF生命マイページ」を開設

生保

PGF生命、「保険契約の失効取消に関する特則」を新設

損保

東京海上日動、衛星企業3社と協業し、人工衛星画像を活用した保険金支払い高度化へ

損保

東京海上日動、新企業CM「人の力に。人を力に。」篇の放送開始

損保

東京海上日動、貿易プラットフォーム「TradeWaltz(R)」によるベトナム向け商流の電子化実証が、経済産業省の「海外サプライチェーン多元化等支援事業」に採択

関連商品