シンニチ保険WEB

アイペット損保、ペットの保険金請求が多い傷病のランキング2020を発表

アイペット損保は、毎年行っている契約者からの保険金請求実績に基づく「保険金請求が多い傷病のランキング」を今年も発表した。
【調査結果概要】
●総合(通院・入院・手術)で最も保険金請求が多かったのは、3年連続で犬は「皮膚炎」、猫は「下痢」
●総合(通院・入院・手術)では、犬猫共通で「消化器系疾患」、猫は「泌尿器系疾患」が多い傾向
●手術で最も保険金請求が多かったのは、昨年同様、犬は「腫瘍」、猫は「異物誤飲」
●年齢別では、0歳で犬猫ともに「下痢」、1~6歳では犬猫ともに「皮膚炎」、7歳以上では犬は「皮膚炎」、猫は「腎臓病」が最多
今回の調査では、昨年と同様の結果が多く見られた。総合ランキングでは、犬は「皮膚炎」、猫は「下痢」が3年連続で最多となっている。犬猫共通の傾向としては、前述のとおり消化器系疾患、さらに猫の場合は泌尿器系疾患も注意が必要であることがわかる。近年の獣医療においては、長寿命化が進む犬猫ともに、人間と同じような病気にかかる可能性がわかってきている。多くの病気にとって、早期発見・早期治療が重要である。そして、「元気がない、食欲がない、吐く、便がいつもと違う」といった症状は、様々な病気を早期発見するうえで大変重要な症状だといえる。
また、手術ランキングでは、昨年と同じ傷病名が並んだ。日々の生活の中では、突発的なアクシデントなどにより、急な通院や手術が必要となるシーンや、高額な診療費が発生するケースもある。同社では、事前の予防や対策を紹介する獣医師監修による予防啓蒙コンテンツ「うちの子HAPPYPROJECT」を運営している。「うちの子HAPPYPROJECT」では、犬猫共通で手術のランキングで上位に挙がっている骨折や異物誤飲について、また総合ランキングで犬猫共通で上位に入っている皮膚炎についてもその予防や対策についてまとめている。
「うちの子HAPPYPROJECT」:https://www.ipet-ins.com/uchihap/
アイペットでは今後も、ペット保険の提供を通じ、「ペットとの共生環境の向上およびペット産業の健全な発展」への貢献を目指して、より一層の努力を続けていく。
【調査概要】
調査期間:2019年1月1日~12月31日
調査サンプル数:46,933件
調査方法:アイペットの保険金請求データを元にしたサンプル調査

関連記事(保険業界ニュース)

損保

au損保、自転車の車道通行に関する調査を実施

生保

住友生命、「Vitality」”加入者へのアンケート調査結果を発表

生保

日本生協連、新型コロナウイルス感染症についてのアンケート第3弾 結果を発表

生保

日本生命、「レジ袋有料化」に関するアンケート調査を実施

損保

アイペット損保、「まもなく保有契約件数55万件突破プレゼントキャンペーン」開始

損保

三井ダイレクト損保、新型コロナウイルス感染拡大による日々の運転量の変化に関するインターネット調査を実施

損保

アイペット損保、「うちの子カレンダー2021」投稿キャンペーン開始

生保

ソニー生命、コミュニケーションに関する意識調査2020を実施

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

生保

エヌエヌ生命、第4回新型コロナウイルスによる中小企業の資金需要に関する調査を実施