シンニチ保険WEB

三井ダイレクト損保、学校再開を前に交通安全意識の緊急調査

三井ダイレクト損保は、おもに6月から学校が再開する小学1年生のママ・パパを対象に、交通安全意識の実態調査を行った。
□調査の背景
家族や園が送り迎えをすることが多い幼稚園、保育園までと異なり、子どもたち自身で歩いて登校するようになる小学生。今年の小学1年生は、この環境の変化を緊急事態宣言による外出自粛の中で4月を迎えており、「ひとり歩きデビュー」の準備ができていない可能性。
緊急事態宣言の解除後に学校が再開し、学校への登校がはじまるにあたり、1年生のママ・パパはどう考えているか調査。
□調査対象
5月14日以降も緊急事態宣言が継続した8都道府県在住の小学1年生の子どもがいる30~49歳の男女
※エリア:北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、京都府、兵庫県
■結果のポイント
・ママ・パパの8割が子どもの「ひとり歩き」を不安視
・登校デビューは約半数のママ・パパが、「学校または途中まで付き添う」
・7割の家庭が交通安全マナーを、自身で子どもに指導するなど意識の高さが判明
・ドライバーに期待することは、「余裕をもった運転」「スピードへの配慮」

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井ダイレクト損保、MaaS事業開発を推進する「MONETコンソーシアム」に参画

損保

三井ダイレクト損保、役員人事を発表

損保

三井ダイレクト損保、防災・減災に繋げる安全運転のためのヒント集」に記事を追加

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、コロナウイルス禍の「たすけあい」に関する意識調査を実施

生保

エヌエヌ生命、第3回新型コロナウイルスによる中小企業の資金需要に関する調査を実施

損保

損保ジャパン、自動運転に関するアンケート調査を実施

損保

東京海上日動、先進的船舶の実践投入検討(せとうちクレイドルプロジェクト)を開始

損保

あいおいニッセイ同和損保、東京臨海部実証実験の交通事故調査業務を受託

生保

太陽生命、「認知症予防に関する行動・意識調査」を実施

生保

日本生命、民間企業19社で構成する「ESG情報開示研究会」の発足と参画