シンニチ保険WEB

トーア再保険、2020年3月期決算を報告

トーア再保険は、同社HP上に2020年3月期決算を掲載した。
■期末の事業概況 (連結)
1.連結経営成績に関する定性的情報
経常収益は、保険引受収益が前連結会計年度に比べ210億円増加の2,704億円(うち正味収入保険料2,702億円)、資産運用収益が前連結会計年度に比べ100億円増加の270億円、その他経常収益が2億円となった結果、前連結会計年度に比べ311億円増加の2,977億円となった。一方、経常費用は、保険引受費用が前連結会計年度に比べ223億円増加の2,803億円(うち正味支払保険金1,910億円)、資産運用費用が前連結会計年度に比べ1億円減少の29億円、営業費及び一般管理費が前連結会計年度に比べ14億円増加の143億円、その他経常費用が39百万円となった結果、前連結会計年度に比べ236億円増加の2,976億円となった。
以上の結果、経常利益は、前連結会計年度に比べ74億円増加の88百万円となった。経常利益に特別損益、法人税等合計を加減した親会社株主に帰属する当期純損益は、前連結会計年度に比べ50億円増加の21億円の損失となった。
2.連結財政状態に関する定性的情報
当連結会計年度末の総資産は、前連結会計年度末に比べ176億円増加し7,116億円となった。また、当連結会計年度末の純資産は、前連結会計年度末に比べ128億円減少し1,671億円となった。
■期末の事業概況 (単体)
1.経営成績に関する定性的情報
経常収益は、保険引受収益が前期に比べ121億円増加の2,082億円(うち正味収入保険料2,080億円)、資産運用収益が前期に比べ45億円増加の109億円、その他経常収益が2億円となった結果、前期に比べ167億円増加の2,194億円となった。一方、経常費用は、保険引受費用が前期に比べ152億円増加の2,035億円(うち正味支払保険金1,500億円)、資産運用費用が前期に比べ8億円増加の16億円、営業費及び一般管理費が前期に比べ2億円増加の96億円、その他経常費用が32百万円となった結果、前期に比べ163億円増加の2,149億円となった。
以上の結果、経常利益は、前期に比べ3億円増加の44億円となった。経常利益に特別損益、法人税等合計を加減した当期純利益は、前期に比べ2億円減少の14億円となった。
2.財政状態に関する定性的情報
当期末の総資産は、前期末に比べ131億円減少し4,923億円となった。
また、当期末の純資産は、前期末に比べ131億円減少し1,144億円となった。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

日本地震再保険、「2019年度決算公告」を公表

損保

トーア再保険、有価証券報告書第81期を公表

生保

明治安田生命、2020年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

損保

MS&ADホールディングス、2020年3月期の連結ソルベンシー・マージン比率を公表

生保

メットライフ生命、2019年度の決算(案)を発表

生保

カーディフ生命、2019年度末の業績を発表

生保

アクサ生命、2019年度末の業績を発表

損保

アクサ損保、2019年度の主要業績を発表

損保

日本地震再保険、2020年3月期決算の概況を発表

生保

ライフネット生命、5月の業績速報を発表